« 会津の言い分 その4 旅の続き | トップページ | 夢か現(うつつ)か「小田原城 薪能」 »

2009年9月26日 (土)

第56回 日本伝統工芸展

今年も、日本の工芸で最大規模の展覧会が、日本橋三越で始まりましたね。

Image411

各分野の入選作700点が展示されています。もお、作品もたくさんありすぎて、無形文化財の方々はじめ、諸先生方もたくさんいらっしゃりすぎて、目がウロウロしてしまいます。

先にお話した「山中の虎」の作品も、毎年当然入選です。 「子虎」の作品も入選してた。

子虎さんは今、漆芸の存続をめざし、現代でのあり方を仲間達と試行錯誤中だそうです。先日テレビでもやっていました。

日本橋三越では 10月4日(月)までです。
その後、各地を巡回しますよ。

無料で入場自由。デパートですし気軽に見られます。

実はこれらの作品、販売もしているのだ。

ほな。取り急ぎお知らせまで。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

|

« 会津の言い分 その4 旅の続き | トップページ | 夢か現(うつつ)か「小田原城 薪能」 »

11.漆・金箔・伝統工芸など」カテゴリの記事