« 戦国時代満喫コース in 小田原 | トップページ | 戦国時代満喫コース in 小田原 2 »

2009年10月19日 (月)

戦国フィナーレを望む 「石垣山一夜城」

029_2
「石垣山一夜城まつり」。小田原市長もおでましになり、秀吉はまったく関係ないがの如く秀吉の城を小田原の民が占拠し、売店で食べ物や飲み物を買い、芝に寝転んで寸劇を観、ワンちゃんがたくさんお散歩している、のどかな祭り。~


以前、初めて石垣山に行くまでは、「秀吉が一夜で築いた」とのウワサから、砦のような簡易なものを想像していました。

が、行ってたまげた。いかに相手が北条とはいえ、ここまでの城を建てるかと。

いんや! 相手は関八州の覇者、北条である。それを倒すのだからこれ位の対の城を造るのは当然である!


秀吉が浅野殿に宛てたお手紙が残っていて、そこには、この城を造るのに、大阪城築城にたずさわった職人達を総動員し、昼夜に及ぶ突貫工事をさせた、ともありますね。

どうやら殿下はこの石垣山を東北制覇への拠点にしようとしていたようで、だからしっかりした城を造るつもりだったというのが最近の説のようです。

083
~こんなスゴイ井戸まで掘っちゃった~



どうして北条は、目の前でこの城を悠々と造らせていたのだろう。

秀吉が築城し始めた最初の頃に、氏照どのと氏邦くんで大奇襲してケチョンケチョンに壊しちゃえばよかったのに・・・。

それをしなかったところに、もうすでに敗因が見えるような見えないような。堅固な総構の城での籠城に心がいっちゃったのかなあ。残念。


horse 五代当主、北条氏直という人

秀吉に降伏し、氏直は高野山へ送られます。

北条五代当主・北条氏直は、家臣に主従関係を解約する書状を出しています。「皆それぞれの道をいってくれ」と… crying


氏直は、その後、家康殿たちが骨をおってくれ、許されて大阪へ移されます。秀吉は伯耆の国(現在の鳥取)を氏直に与えようとします。

しかし、籠城中も病だった氏直さん。すでに心身共にボロボロだったのでしょう(疱瘡ともいわれている)。氏直は伯耆へゆくことなく、大阪で亡くなります。享年30歳でありました。

せっかくですが無理でございますよ、関白殿下。北条の御曹司はあなた様ほど神経図太くないもの。


これは降伏のルールではありますが、自らの命と引き換えに北条の存続と皆が生き延びることを望んでの降伏。結果は、自分は命を助けられ、父上(氏政)と伯父上(氏照)の切腹と、小田原北条の終焉でした。

いつの時代でも、それが「お家」だろうが「会社」だろうが、長く続いたものを終わらせなければならない最後のトップの辛さははかり知れない。


それまで北条氏直にはあまり思い入れがなかったのに、この日、石垣山の山頂から相模の海を見下ろしながらいろいろなことを考えていたら、その時の氏直さんの心情がグワッと胸に流れ込んできたような気がしました。


horse 最後に両軍の目線で・・

0761
~石垣山城から小田原城を望む~

肉眼で見ると、石を投げたら届きそう(届かないけど)なほど眼下です。秀吉が家康と連れ○○しながら(お下品)、「この関東を徳川殿にしんぜよう」とかなんとか、のたもうたとよくドラマにある、あの時に眺めた景色。←注)これは架空の話ですよん。


Image19611
~小田原城から石垣山城を望む~

こちらは逆に、氏直さんはじめ北条側から眺めた図です。こんな近くで大普請をしていたの、知ってたよ!気付いてないわけないじゃん!「なんじゃ!あれはーっ!」なんて言うわけないじゃんじゃん!の景色。


horse 江戸時代の北条

切腹した氏政さんや氏照どのの弟御 氏規さんは、子供の頃に今川家で家康と共に人質生活を送った幼馴染。この方が、狭山藩(大阪)一万石を与えられて、北条は江戸時代も続きます。ご子孫が以前テレビにでてらしたのを見たことがあります。

(2010年、狭山陣屋を訪ねました。よろしくば記事ご覧くだされませ
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-5c4c.html


同じく政さん・照どのの弟御、鉢形城主 氏邦さんは加賀前田家にお預けとなり、そのまま加賀でなくなります。

一族の氏長は、徳川の北条流軍学の祖です。一門に山鹿素行など名だたる兵法軍学者を出しています。

その他、北条の重臣達も、幕府のお行儀指南や親藩の家老となったり、また、石高は低いですが、これも、幕府が北条流に江戸城周辺に配置した、支城や陣屋などに旗本として配属されます。


総構はじめ、北条のやり方を真似っこして徳川三百年の基礎を築いたのかと思うと、悔ぴいぞ、内府殿!


ほな、その1に続く「戦国時代満喫コース in 小田原」は次回。美味しいお酒とお店とお土産もね。。


cat コメント欄をもうけさせていただきました。公開はいたしませぬので、ご感想なりいただければ嬉しいです。画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。画像と記事の持ち出しは平にご容赦願います。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 戦国時代満喫コース in 小田原 | トップページ | 戦国時代満喫コース in 小田原 2 »

2.北条の小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/47585841

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国フィナーレを望む 「石垣山一夜城」:

« 戦国時代満喫コース in 小田原 | トップページ | 戦国時代満喫コース in 小田原 2 »