« 江戸城は、後北条の城だった | トップページ | 初詣1 古都鎌倉は前北条か後北条か »

2010年1月 8日 (金)

なぜ小田原北条は大河にならないのか?

マリコ・ポーロ


サル筋 (といっても、秀吉筋じゃない)から聞いたところによると、後北条は常に大河ドラマの候補になっているらしい…が、ならない。その理由を、五つ鱗で挙げてみた。


▲-① 原作がない

原作がない大河は、昨今多いです。でも、これは書き下ろしがあればクリアできます。今年の龍馬伝だって原作はありませんよね。

司馬遼太郎さんの「箱根の坂」があるけれど、北条早雲こと伊勢新九郎さんだけだから一年もたない、というか、一年もたせるものに仕上げる脚本家がなかなかいないという話もサル筋から聞きます。それに、今の研究とはあまりに違っているので違和感あり過ぎるので、むしろやめてほしい。


▲-② 小田原北条は中央(京大阪)や西・南エリアの国民に馴染みがない

同様に、それを取り巻く関東以北の武将達も、中央(京大阪)や西や南の方々にとって馴染みがない。


中央や西の歴史好きの方達から聞きますが、「独眼竜政宗」の当時、中央・西・南の方達では、歴史好きの方達でさえ「伊達政宗って誰やねん?」だったそうです。信玄殿は有名でしたが、東日本以外にあまり知られていなかった伊達政宗は、これによって全国区になりました。

それを言ったら「炎立つ」は?私は原作を読んでいたので登場人物は少し知っていたし大好きでしたが、それこそ東日本の人達にだってまったく馴染みがなかったでしょう。

でも、大河になりました。


私は「独眼流政宗」や「風林火山」が大好きでした。なぜなら、知らない武将たちが、たくさん出演したということもあるからです。歴史好きでしたが、周辺の武将達はよく知りませんでした。素晴らしい脚本や演出のおかげで馴染みがない武将達にだって血肉が通い、感情移入できました。だから視聴率が高かった。

東や北からしたら、毛利殿周辺の武将達だって馴染みがないです。でも、面白かったですよねえ。


▲-③ 戦国時代の坂東(関東)は、プチ権力が入り乱れ過ぎややこしい

ほな、応仁の乱はどないやねん。超複雑じゃん。

室町時代は京都でもそうですが、特に坂東は、やれ古河公方だの、堀越公方だの、小弓公方だの、山内上杉だの、扇谷上杉だの、それも同じ苗字ばかり。かといって、これを外しては争乱の本質が分からなくて、ドラマ的にも???になる。


でも、あんまりオタクにやると、上杉って謙信じゃないの?とか、北条って頼朝の奥さんち?とかなって、水戸黄門とか暴れん坊将軍ファンの単純明快なストーリーが好きな時代劇ファン(わらわの父母みたいな)には、一年見るの疲れちゃう。こっちも毎回同じことを聞かれて疲れちゃうし。

私の同僚で、「天地人」をずーっと見てたくせに、最後の頃になって突然、「景虎って、上杉謙信じゃないのっ!」と、一年間の全てが崩れた人もおった。なんだい、まったく。でも、そんなもんですよ。


▲-④ 小田原北条には有名なヒロインがいない

ナーンセンス!

では、「天地人」に有名な女人はいますか?直江兼続の奥さんなんて皆さんご存知?北条時宗時代の女性なんて一人でも知っている人がいますか?元禄時代なんて赤穂浪士は有名でも女性たちは?

そんなの全然関係なく、大河になるものはなるのだよ。


▲-⑤

大人の事情…ごにょ。今川家がならないのと同じ?


浅い脚本や、妙な時代考証や、ヘタクソな役者さんだったらいやだけど、そこそこだったら小田原北条が大河ドラマとなって、一年熱く盛り上がりたいがぜよ。


 コメント欄をもうけさせていただきました。公開はいたしませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。画像と記事の持ち出しは平にご容赦願います。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 江戸城は、後北条の城だった | トップページ | 初詣1 古都鎌倉は前北条か後北条か »

8.時代劇・小説・なんちゃって小説など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ小田原北条は大河にならないのか?:

« 江戸城は、後北条の城だった | トップページ | 初詣1 古都鎌倉は前北条か後北条か »