« 今日、八王子城で春日山城のことを考えた | トップページ | 「関白づくし」の石垣山一夜城 »

2010年5月 1日 (土)

5月3日は「小田原北條五代祭り」

大変です。
香沼姫さまと春日山城にかまけていたら、「北條五代祭り」を紹介するのを、ころっと忘れておりまして、こんな間近になってしまいました。

014 ~小田原駅は前ノリ中~

先のブログ 「願う!小田原北條五代祭りの進化」で悪口を書いたきりでした。少し進化しているので(失礼)それは書かなきゃ。それが、北条氏綱公のお教え、「義」の精神。ホンマカイナ?

小田原市だって頑張ってます。
天守閣の展示室では、スペシャル企画展示や常設展示の模様替えがあるそうです。


「北条早雲コーナー」新設!

北条早雲武者姿(複製・・・ちょっとガッカリ?)
早雲パパの古文書(複製・・・これも?)
などなどなど。
上の二つ、常設は複製でも、五代祭りの時だけ本物を特別展示って無理なのかな?


雪村周継 「竜虎図屏風」の複製を特別展示!

「また複製~?」とは、これは言ってはいかんのである。この複製作業は、あの、キャノンと京都の文化協会が共同で行った「綴りプロジェクト事業」のひとつ。

雪村は戦国時代の絵師。お坊さんでもあります。北条五代の菩提寺、早雲寺を開山した以天宗清の肖像を描いたのも雪村。

この六曲一双の「竜虎図屏風」の複製は、雪村ゆかりの早雲寺に寄贈され、「北条五代祭り」に合わせて天守閣で展示されることとなったそうです。

この後、全国各地で展示されていくようですよ。

まあ、できたら、そりゃあ本物が見たいけどね。本物は、クリーブランド美術館にあります。


天守閣所蔵資料からデザインした一筆箋が発売!

前時代的な安ッチイお土産しかない、と憤慨しておったら、やっと、ここでしか手に入らないお土産ができたのですね。一筆箋は二種類。

 ・ 江戸時代の小田原城の天守と馬出し門の図柄

 ・ 北条氏康公の書状より虎朱印状
    これは欲しい。これで、私もバシバシ文書を出すぞ。


やりましたね、小田原市。ありがとうございます。こういうのが欲しかったのです。この調子でこれからも頑張ってくだされ。


八幡山古郭東曲輪歴史公園オープン!

小田原城旧館(マリコ・ポーロ的言い方、つまり駅反対側の古郭の方)の、東曲輪が歴史公園として、やっとオープンしました。どんなんだか見るのがこわい。
しかし、春日山城のことで騒いでいる自分に矛盾を感じる。だって小田原城址はもうとっくに、アチャラカパー なんだもん・・・。


お祭りの式次第までここに書くとえらいことなので、皆さまネットで見てくだされ。

いかなることになりますか。勤皇の志士が出てこないことを祈りつつ。


ほな。


コメント欄をもうけさせていただきました。
公開はいたしませぬので、ご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。画像と記事の持ち出しは平にご容赦願います。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 今日、八王子城で春日山城のことを考えた | トップページ | 「関白づくし」の石垣山一夜城 »

03.氏照と八王子城以外の北条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月3日は「小田原北條五代祭り」:

« 今日、八王子城で春日山城のことを考えた | トップページ | 「関白づくし」の石垣山一夜城 »