« 氏康公からの謎の指令? | トップページ | その後の、鎌倉の大銀杏 »

2010年5月10日 (月)

兄上様(北条氏政)からのお届けもの

0092
~氏邦さんの鉢形城から対岸を見たところ。背面をえぐるように流れる荒川。~


天正13年夏のある日、北条氏邦さんの元へ、相模の兄上・北条氏政殿から鮑(アワビ)が届けられました。 この鮑(アワビ)にアタッチされたお手紙が残っています。

そのお手紙には・・
「調理してるのを目の前で見てたから大丈夫だよ。でも、そっちに着いた後の鮮度は保障しないぞ」って、季節は夏ですよ、兄上さま。


まさか、‘生’じゃあないですよね。当時、小田原から鉢形までは、2日はかかります。クール便もないしね。「こしらえ候」って、塩漬け?それとも、甲斐の‘煮あわび’のようにお醤油で煮たのかしら?

氏政殿は、相模の海から離れて暮らす弟君達に、折に触れ、こうして滋養たっぷりの故郷の海の幸を送って差し上げていたのでしょうねえheart01


氏政兄上が、わが殿・氏照どのの病を非常に心配しているお手紙もあります。古河公方の重臣で三増峠で討ち死にしちゃう、名医の豊前山城守に診察をお願いする手紙です。

「源三(氏照)の病状がスッゴク心配。怖いcrying。一段致恐怖候」と、とても動揺している気持ちが書かれてあります。


もう一つ。氏政殿と氏邦さんのやり取り。先のブログの鉢形城のところでも書きましたが、鉢形城歴史館の展示で見つけたもので、私のお気に入りです。

引退した前当主の兄上(氏政)に、ついつい戦さの指示を仰いじゃう弟クン(氏邦)。
「もう、自分は引退したんだから、戦のことは新当主(氏直)に聞きなさい」と、たしなめる兄上。

このほかにも残っている北条四代目兄弟のやり取りは、骨肉あいはむ戦国時代の覇者一家なのに、打ち解けて気持ちを素直に書いてていい感じです。


と、ここまで書いてくると、わらわはいかにも古文書の原文を読んでいるようですが、前にも書いているとおり、古文書なんてとても読めしまへん。読み下し文がやっとです。それでも、意味不明〜なところは、現代語訳をカンニングします。


博物館などで、文書(もんじょ)のところはついスルーしちゃいがちかもしれませんが、横に付いている現代語訳でよいので是非読んでみてくだされ。その人が確かに生きていたという臨場感が、もしかしたら遺跡に立つより感じられるかもしれません。


上の鮑のお手紙と、豊前山城守へのお手紙は、歴史ブログ仲間の高村さまの古文書ブログ「歴探」の記事で知りました。とても気に入ってしまったので、ご本人了承の上拝借つかまつり候。ブログのLink もさせていただいております。

「北条氏政、北条氏邦にアワビを届ける」
http://rek.jp/?p=2325

「北条氏政、豊前山城守が北条氏照の治療を行ったことを感謝する」
http://rek.jp/?p=2329



ほな。

cat コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬがご感想なりいただければ嬉しいです。画像は、マリコ・ポーロが撮影したものです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 氏康公からの謎の指令? | トップページ | その後の、鎌倉の大銀杏 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 氏康公からの謎の指令? | トップページ | その後の、鎌倉の大銀杏 »