« 北条氏照の、小田原「奥州屋敷」 | トップページ | 日本の城ミステリー、おまけ »

2010年10月 9日 (土)

BS日本の城ミステリー「熊本城」

「天守閣」にはあまり興味がなかったのです。

「天守閣」は戦国時代が終わる頃からほんの十数年の間だけ、ぶわーっと一気に全国で造られたものですね。江戸徳川時代に「天守閣」なんて造ったら大問題。

Pict0004~これは松本城の天守閣~


天守閣に興味がなかったのは・・・

「戦国時代の山城が好き」だからではなく、ひとつは、
なんとなく、上に向かってそびえる物って、東洋人の好みとは違うような異質な文化のイメージがあるんですよ。権力の誇示ですよね。そんなことを思うのは私だけ?

ほら、東洋の文化って、‘横’って感じがしませんか?‘縦’って、西洋の文化って感じ。お釈迦様の最後は涅槃で横たわってらっしゃる。キリストの最後は磔だから立ってらっしゃるでしょう。だからなのか、「塔」も異国的な感じで、それはそれでエキゾチックで逆に惹かれるものがありますがね。マリコ・ポーロの偏見です。もちろん「天守閣」は思想とは関係なく、戦略的な必要性もあったのですがね。


もうひとつは・・・

「天守閣」へのイメージの悪さは、今考えると、観光用に安易に作られた「模擬天」(文化祭の模擬店ではない)のせいだったんのだと思います。親も史跡めぐりが好きなので、私も小さい頃から旅行に行って近くにお城(模擬天守閣)があると必ず見学していました。その、昭和の高度成長期のお粗末な「天守閣」と称するものの印象がトラウマとなっての「天守閣」に対する嫌悪があるのだと思います。

001 ~高知城の追手門(大手門)と天守閣のツーショット~


ところが

去年、松本城にお月見のイベントに行き、天守閣に登って目からウロコが落ちました。「現存天守」といわれる、戦国時代後半から残っている天守閣(修復はしている)は12しかありませんが、そのひとつが松本城ですよね。

そして今年。近しい親戚の用事で土佐へ行き、松本城で味をしめていたので、高知城の天守閣に登りました。こちらも、現存12天守のひとつ。トドメの、目からミツウロコ。


いや~、立派なものなのね~。西洋思想的なんてとんでもないのね~。ご無礼致しました。昔行った、宇和島城や犬山城や彦根城。斜めに構えてないで、もっとちゃんと見ておけばよかった。

とはいえ、やはり天守への興味はいまひとつで、三津五郎さんは美しいが、天守閣という建造物はどうしても美しいとは見えないマリコ・ポーロ・・・


BS朝日「日本の城ミステリー」のこと

初回の今日は「熊本城」。いろいろ盛りだくさんでやってましたが、ちょっとツボだったのが、石垣修復にたずさわってらっしゃる石工の棟梁のこと。

‘匠の技’が好きなこともありますが、以前、石垣山一夜城のガイドツアーに参加した時に、往時の石垣造りでよくやる、矢で石を割る方法をガイドさんが説明してくれたのですが、頭では分かっても、いまひとつ妄想できませんでした。


それを、現代の棟梁がやってみせてくれたのです。な~るへそ、そうやるのか~。うまく割れるものだなあ。まあ、‘匠の技’ですからね。

棟梁がおっしゃっていました。
「今は技術が発達しているから、逆に、出来ない」と。

くぅ~。そういうものなのか・・・。


加藤清正の加藤家がタヌキ家に疎まれた結果、全然知らなかったのですが庄内藩に流されたんですってね。わが先祖の地です。その時、清正のご子息が持っていった父上のお骨(分骨)は、唐津の壺に納められているそうです。ステキな唐津でした。
お流石ですばい!


戦国時代が終わり、北条だけではなく、どの家も様々な運命をたどったのですねえ。


よろしければ、先のブログ記事、
「関白づくしの石垣山一夜城」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-ab53.html
土佐
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-1aa6.html
「国宝松本城 月見の宴」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-2f34.html
あたりをご覧いただけたら恐悦至極。


BS朝日「日本の城ミステリー」、来週は高知城。ナビゲーターは、ご存知お城フェチの三津五郎さんです。


ほな。。。


コメント欄をもうけさせていただきました。公開はいたしませぬので、ご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。画像と記事の持ち出しは平にご容赦願います。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 北条氏照の、小田原「奥州屋敷」 | トップページ | 日本の城ミステリー、おまけ »

08.北条以外の歴史のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS日本の城ミステリー「熊本城」:

« 北条氏照の、小田原「奥州屋敷」 | トップページ | 日本の城ミステリー、おまけ »