« 「かれい」なクリスマス | トップページ | 年末年始の時代劇と昔の時代劇の話 »

2010年12月28日 (火)

国府台城つながりで「小金城」

028_2

先のブログで、国府台城での北条氏照&土方(歳三)さんの妄想記事を書いていたら、小金城にもお墓参り帰りに行ったことがあるのを思いだしました。

「小金城」は小金領にある、高城氏の城です。国府台や松戸・相模台に非常に近く、京成線からちょっと乗り換えた常磐線とか総武線沿線にあります。


高城殿とは、二度目の国府台合戦の時、「市川で太田や里見が越後のお屋形様のためのお米集めにてこずっているから今がチャンス!早く!早く!」  と、氏康殿を引っ張り出した人です。

お米を集めていたということは、市川は物質の集積場所だったんですね。大河江戸川に面し、矢切、松戸などの渡しを足元にかかえ、武蔵・下総を見晴らせる国府台城は軍事経済の要所だったのですね。


さて、高城氏は、この時代の関東の中領主の常で、上杉謙信が里見と呼応して来たり帰ったりするたびに、北条へついたり離れたりしています。最終的には北条の傘下にはいり、小田原降伏まで運命を共にしてくれました(してくれました?)。当主は最後は小田原城に詰めてくれました。

…ということでいいんですよね?最近定説がどんどん進化するから、ちょっと不安。


019
~畝堀。歴史公園として狭くなったが重要ポイントの遺構は残してある。復元した障子堀もある。~


小金城は大谷口城ともいわれています。今は「大谷口歴史公園」として整備されていて、公園入口から入ると、プチな城だったのかな?と思ってしまいますが、高城氏は、千葉氏の配下の原氏のそのまた配下だった時代から次第に独立した立場になっていたようですし、越後のお屋形様が越山の頃には一時、古河公方が入ったりしてますので、かなりの規模はあったのだと思います。反対側へ歩いていくと、それが良く分かります。


城跡って、今は公園になっているところが多いですが、公園入口からはいって遺構を見学するだけだと城の規模はたいしたことないようにみえて終わってしまいます。いつも同じことを言ってて恐縮ですが、ぐるりをまわったり反対側から見上げてみると、敷地は少なくなっていても、おーっ!と思うところがどこかにありますよね。


周辺のオウチにびっくりするような縁の苗字の表札を見たりもして、本当にゆかりの方かどうかは分かりませんが気分は盛り上がりますよ(特に地方は同姓が多いですけど)。

以前、あるところで、ほおっ!という表札を見つけ、ご近所の古老?と立ち話をしていたら、本当にゆかりのお家、というか、その上司筋のご子孫だということが分かり、なんというか感無量だったことがあります。周辺のお寺や神社もかつては城の一部だったり何かしら絶対に関連があるのでお参りしてみたいものです。


022_2
~住宅地にはさまれているが、けっこう見所はある~


国府台合戦の後、高城殿の小金城は上司系の臼井城とともに越後のお屋形様に攻められてます。でも、お屋形様負けちゃったね。臼井城も行ったことがあるので、また追々。


ぜんぜん関係ないオマケ

小金城のある北小金駅前に「マツモトキヨシ 発祥の地」の看板がありました。ほんと、駅前にマツモトキヨシが!でも、22号店とある。どうも、最初の1号店を出すときに「21号店」としたらしい。景気づけか見栄か商店がよくやる手法です。1号店ならぬ21号店は柏で、その柏の店はもうないので、2号店ならぬ22号店が「発祥の地」に昇格したらしいです。

おもしろいのう、「すぐやる課」のマツモトキヨシさんたら。

018


ほな。

コメント欄をもうけさせていただきました。公開はいたしませぬので、ご感想なりいただければ嬉しいです。画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。画像と記事の持ち出しは平にご容赦願います。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 「かれい」なクリスマス | トップページ | 年末年始の時代劇と昔の時代劇の話 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

0.八王子城と北条氏照」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国府台城つながりで「小金城」:

« 「かれい」なクリスマス | トップページ | 年末年始の時代劇と昔の時代劇の話 »