« 今年も「多摩動物園サマーナイト」、上野もね | トップページ | ああ 長崎の鐘が鳴る »

2011年8月 5日 (金)

火坂雅志「北条五代」 第2回目

週間朝日別冊の季刊誌「TRIPPER トリッパー」に連載中の、「北条五代」。

小説雑誌というものは他の方々の小説も掲載さているので、単行本になったら一気に読もうと思いましたが、このブログは北条ファンによる北条ファンのためのブログ(そうなのか?) ですし、実はなんとなく先も気になっていたので、第2回目も買って読んでしまった。


人生いろいろ。小説もいろいろ。人の好みもいろいろ。以下は、マリコ・ポーロの独断と偏見の感想ゆえ、火坂氏のファンの方や小田原市の関係者の方は読まないでね チュッ。


第1回目は、新九郎さんこと北条早雲が茶々丸の御所へ、まるで吉良邸討ち入りと見紛うばかりに攻め入ったお話でした。

第2回目は、小田原城奪取へ向けての前準備。
例の、二本の杉の木の根元を鼠がカジカジしている夢のお話。僧に変装して一人で聞き込みをしながら大森さんの小田原城に来ちゃった話。最後に、新九郎 Jr.(氏綱さん)が登場し河越城のことで父上に反論。


飽きた・・・。バッサリ

なら、読まなきゃいいじゃん。
ええ、おっサル通り、その通り。

いえね一応、私は、ほんの数年ですが北条のことは少しは調べているので飽きた話なのです。ほら、サル殿下の、信長の草履をあたためていたお話には飽きた、みたいなもんです。好みの問題ですからね。誰もがそうとは限らない。

現に、時代小説と時代劇好きな、後北条と前北条がまだ時々テンコシャンコになるマリコ・ポーロ母は、「あんたみたいなオタクには飽きたことかもしれないけど、ワタシには出来事が起こった順番がよく分かるし、読みやすいわよ。」 と、申しておりますよ。


だぁって~
いや、やめておこう、百言居士の各論は。独断と偏見の総論をつぶやこう(←意味不明)。

歴史小説って、学者よりも深く調べて調べて調べて、出来事や登場人物を血や肉のように自分のものにした上で、その出来事やその人物に入れ込んで書かれると、フィクション部分でも、お決まりのシーンでも出来事に迫力や説得力が生まれ、善でも悪でも人物が生き生きと魅力的になるんだと思うんですよね。

僭越ながら私ごときが弁護すると、これだけの出来事を10ページに収納するのですから、それはそうそう深く書き込む余地はないですよねえ。

気になったのは、「箱根の坂を・・」 という言葉が何度も使われていたところ。これをどう取るかは読者それぞれの勝手。


せやからファンや小田原の関係者の方は読まないでって申しましたでしょ。

でもね、このブログを読んで「小田原に行きたくなった」 とか 「小田原に行った」とか「行きたいから案内しとくれや」とかのコメントもよくいただくので、ほ~んの、ほ~んの、ほ~んの少~しは観光客誘致に貢献しているかもしれないかもしれないのですよん。「お江(おごう)でござる」を読んで大河「江」を見てみた方も何人かいらっしゃるから、「北条五代」も、単行本になったら読んでみっぺか、と思われる方もいらっしゃるかもしれない。

だぁって~、
小田原周辺以外では、北条ファンでも火坂氏が北条を書き始めたことを知らない人がたくさんいるのですよ。宣伝が足りないのかな?

いや、タイトルだわ!タイトル。
タイトルの「北条五代」!単純な漢字の羅列。格式ありそうだけど、地味~。野暮ったい~。最中(もなか、和菓子の)みた~い。

でも、「北條」にしたら北条慣れしてない人達にはピンとこない。しかも漢字四文字はあかんて。「後北条五代」ちょっと華やいだが語呂が悪いなあ。

なにかもっとキャッチーなタイトルはないかしら?サブタイトルをつけたらどうかな。


連載期間は2~3年になるそうです。季刊誌なので時間がかかるのですね。途中で上巻でも出るといいですね。


「第1回目の感想」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-90c0.html


では。。

コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 今年も「多摩動物園サマーナイト」、上野もね | トップページ | ああ 長崎の鐘が鳴る »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火坂雅志「北条五代」 第2回目:

« 今年も「多摩動物園サマーナイト」、上野もね | トップページ | ああ 長崎の鐘が鳴る »