« 玉縄城-1 現代の難攻不落の城へ | トップページ | 玉縄城-3 現代の難攻不落の城 »

2011年10月 7日 (金)

玉縄城-2 現代の難攻不落の城

1より続く

さて、次はいよいよ、「七曲」を登ります。七曲は前述の小坂家のあたりから遠望できます。できます、が・・・

なんと、この景観を見られるのは、この日が最後だったそうです!この日来られなかった北条ファンの皆さま、私ごとき城郭に詳しくない者なんぞが見られて本当に申し訳ない。

ここには幼稚園の建物が建つそうで工事も始まっていますが、この日は、このガイドツアーのために工事を休んでもらったそうです。つまり、現代の建物が入らない「七曲」が見られるのは最後だったというわけです。

「七曲」は、保存会「玉縄城址まちづくり会議」の方達が、いつも草刈りなどの手入れをしてくださっているそうですよ。

080
~七曲を登り始める~

082
~曲って曲がって登る登る。「彼岸花をいれて撮ったらいいんじゃない」by 西ヶ谷先生。~

そして、これ ↓
081
画像の真ん中の暗くなっているところ、草の陰に大きな穴があるのが分かりますか?

「つなしげぃ!」の子息の氏繁さんの正室は氏康殿の姫です。ということは、我らが殿・氏照どのの妹ですか。ここにお屋敷があったので「七曲殿」とよばれています。パパつなしげぃ!のご正室、つまり氏繁ママは氏康殿の妹。いとこ同士ですね。

この穴は七曲殿のお屋敷の虎口の門跡だそうです。

見えますかねえ?もっとよく分かるのが、どなたか他の方のブログにあるかもしれませんね。皆さん、凄いカメラを持ってきちょった。

七曲殿の亡くなった年は定かではありませんが、氏繁殿より長生きしてらっしゃいますね。天正12年~14年にかけて、印判(印文未詳)を捺した発給文書があるそうです。北条の女人はかっこいいですねえ。


次は、個人のお宅になっている太鼓櫓(と今は言われている)や、「玉縄城址まちづくり会議」の皆さんのご尽力で来年市民公園として保存整備される厩曲輪(と今は言われているが、本来は二の丸にあたる)を抜けて、「主郭部分の大手門跡」へ向かいます。


しっかし、玉縄城址の宅地開発は凄いですね。よく、女学校になったせいで遺構がなくなったと言われますが、逆ですよ。女学校があったおかげで、どうにか主郭部の遺構は少しだけ保たれているんですよ。そうでなければ、主郭部も宅地造成で壊滅だったでしょう。


「主郭への大手門」あたりは、女学校のテニスコート下の裏門になっています。「まちづくり会議」の会長さんがおっしゃるには、テニスコートになる前は、両側が切岸状になっていて通り抜けられたそうです。テニスコートにする時に排出された土は、今、会長さんのお宅の庭にあって、それは貝塚のように貝殻だらけだそうです。「太古の昔は、この辺も海だったんですよねえ」と会長さん。

もちろん普段はここからは入れませんし、説明板もありません。この日は、校長先生のご厚意で、城郭史学会が鍵をお預かりし、オープン!現代の切岸の狭い階段を上り、いよいよ女子校へ!テンション上がる男子達。


玉縄城址主郭部の女子校内の遺構は、きちんと表門で手続きをすれば見学することが出来ます。しかし、それでも立入禁止の場所があります。それが、今回のメインエベントである、「諏訪壇」と「蹴鞠場」です。

まずは、「諏訪壇」。

083
~諏訪壇から下の堀を順番に覗く~

諏訪壇も土塁がぐるりと囲んでいたそう。「写真たくさん撮って。」と西ヶ谷先生。諏訪壇は、玉縄城の一番高いところにあります。本丸部はここより20m低いそうです。諏訪神社があったらしいですが、西ヶ谷先生は、得意の、逆井城のような天守があっても不思議ではないと力説してらっしゃいました。

紙の案内板は普段はありません。このツアーのために会の方達が先回りして立てていってくださいました。


次は、「蹴鞠場」へ続く・・・ですが、北条スキー、玉縄スキーの方達は縄張り図をお持ちだと思いますので、それをご覧になりながら読んでくださると助かりまする。いや、そんな大したレポートではないんですがね、一応。

073
~龍宝寺内にある、ふるさと館に出来た玉縄城のジオラマ~


cat コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 玉縄城-1 現代の難攻不落の城へ | トップページ | 玉縄城-3 現代の難攻不落の城 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/52914173

この記事へのトラックバック一覧です: 玉縄城-2 現代の難攻不落の城:

« 玉縄城-1 現代の難攻不落の城へ | トップページ | 玉縄城-3 現代の難攻不落の城 »