« 「さかのぼり日本史」小田原攻め | トップページ | 関東ご下向の西国の歴友と歩く石垣山城 »

2011年11月16日 (水)

「ススメ!小田原北条氏展」 馬の博物館

Dsc_0241_2

先のブログ記事 「これからの、気になる戦国系企画展・まつり・講演会など」でご紹介した、「ススメ!小田原北条氏」展に行ってまいりました。

いいタイトルですね。
ススメ ! ススメ
小田原北条氏!


個人的趣味

あ!為さま(北条為昌)「新」の印判 くぎづけ。(字は祐筆か、総務部?よね)

初めてナマで見ました。いや、たぶん今までも見ていたのだとは思うんですが気にしていなかったんでしょうね。23才で亡くなっていますから、元々も少ないのだとは思います。

くぎづけ となったのは、北条為昌さまが鎌倉の光明寺へ出した朱印状です。

宛名の「光明寺」の右上に書かれた文字が削られています。誰が、いつ、なんのために削ったのでしょう。謎ですねえ。鎌倉に他にも光明寺がある(あった)のかしら?

こういう状態や、墨のつぎ方や、紙の質や、紙の折り方などは、やはり現物を見ないことには分からないのだよ、と、サル御方のレクチャー。

な~るへそねえ。紙を折ることによって反対側にかすかに付着しちゃった墨や印判の朱もナマでないとよく分からないですもんねえ。

でも、書いてすぐ折りたたんで出さなければならない書状ならそうなるでしょうけど、さほど火急でもなさそうな内容の書状でもそうなっているものが多いと思っていましたら、いちいち乾かしてからたたむ・・・な~んてことはしないんですってね。なるへそねえ。そういうもんなんですかあ。


書状って、当時でも読み間違いや勘違いがあったでしょうね。奪われたり、殺されたり、色んな事情で届かなかったり、入れ替えられたり、ニセ書状があったり。伊達政宗の「鶺鴒の目」みたいなこともね。「詳しいことは使者が口上で・・」というのも多いですから、使者が伝え漏れしたりもするでしょうし。そんなアホな使者はいないですかね?

前に、山田邦明氏の「戦国のコミュニケーション」という本を読みましたが、面白いことがたくさん書いてありました。


超必見!

Img20140103_2055501
~企画展ポスターより~


氏綱公作?謎の鞍です。ポスターも図録もチケットもこの鞍のアップです。

居木裏に「天文五年三月十日」と「氏綱」の銘&花押があります。居木裏には作者の銘が入るものです。

天文5年。年表を見ると特に大きな戦はありませんね。本体は氏綱公がお造りになり、豪奢な牡丹唐草螺鈿の装飾は、当時または後?の名工が施したのでしょうかねえ。

氏綱公作の鞍が三河の菟足神社に古くから伝わっているのも、何故なんでしょうねえ。説明板や図録には諸説書かれていました。

鞍造りの伊勢家。そういえば、司馬遼太郎の小説 「箱根の坂」の冒頭は、鞍造りのシーンでした。


必見!

北条運命の天正十八年、四月二十五日付で氏直さんが池田に出した家督継承に関する文書の、「花押」。

これは、説明や図録には書いてはありません。サル御方が教えてくださったのですが、氏直の花押の右側部分(火の玉の尻尾みたいなところ)は、その時の心情によって長さが違うと言われているそうですね。

穏やかな時は尻尾が短く、緊迫した時とかテンションをあげていきたい時とかは尻尾が長く鋭くなる らしいです。残っている花押の中では、この文書のものが最長とのこと。

すでに籠城は始まっています。3月には山中城、5日前の4月20日には松井田城が落ちています。そんな中でも、当主は当主として、家臣の家督相続の命は出さなければならない。

この、長く鋭い花押をしるした時の氏直さんの気持ちを妄想すると‥‥

Dsc_0246
~いただいた招待券に付いていた抽選くじで当たったポスター。嬉しゅうござりんす。しばらく壁に貼っておこう。え?当たり券しかないの?さすがJRA(←深い意味はない)~


お気に入り ①

江戸時代に書かれた、小田原藩士加藤家に伝わる「相州小田原古絵図」です。

これは江戸中期に写されたもので、「原図」は慶長期に書かれたものだろうとのことです。北条後に小田原城を大整備したのは稲葉さんです。ということは、原図は、その前のものですかっ!

レプリカでよいので大きいものが欲しいですねえ。家でゆっくり見てみたい。図録のものは小さくて色も薄くてよく分からん。

「ほら、石垣山に ヨロイヅカ って書きこまれてるよ」と言われ、一瞬マジで探してしまった・・・。


お気に入り ②

北条の伝馬手形の印判の馬の意匠。
かわいいわね。隣に徳川のもありましたが、北条の方が断然垢ぬけて洒落とる。


後北条の企画展は文書が多いです。しかも、北条が他家に出したものがほとんど。みんなおサルに処分されて残っていないと言われてますからね。

いつも書いていますが、でも、あるのよ、あちこちに、きっと。甲冑もお道具も、もちろん書状も。出てこないかしらねえ、政宗や魔王やおサルや謙信公や信玄が北条に宛てたお手紙。

お持ちの方がいらっしゃいましたら出してくださいませよ。お願ひ


「ススメ!小田原北条氏」は、12月4日まででござる。


昨年の企画展「戦国の城と馬」のブログ記事(たいしたこと書いておりませんが)。
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-cfc6.html


コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 「さかのぼり日本史」小田原攻め | トップページ | 関東ご下向の西国の歴友と歩く石垣山城 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

2.北条の小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ススメ!小田原北条氏展」 馬の博物館:

« 「さかのぼり日本史」小田原攻め | トップページ | 関東ご下向の西国の歴友と歩く石垣山城 »