« 石垣山一夜城、謎のオブジェ群 | トップページ | 「早雲立志伝」by 海道龍一朗 »

2011年11月25日 (金)

北条氏照の「滝の城」 発掘調査現地説明会のお知らせ

火急の報せです。
戦国仲間から付け文‥‥ちゃうちゃう 矢文がまいりました。

来る12月10日(土)、所沢、滝の城(たきのじょう)にて、第一次の発掘調査現地説明会が行われるそうです。12月1日8時半から受付開始です。

1回目 午前10時~
2回目 午前11時~
3回目 午後 1時~
4回目 午後 2時~

各回50人。

それぞれ、所要時間は50分。小雨決行 。公共交通機関だとちょっと歩く滝の城。市のHPには、親切にちょうどよい時間の所沢駅発のバスの時間まで載っていました。

小さな城ではありますが、清戸番所、障子掘り、屏風折りの土塁・空掘などで名の知れる滝の城。岩槻方面を守り、滝山と川越を繋ぐ、氏照どのもそうおっしゃる重要な基地だったようです。


清戸番所の所在地は、この滝の城だというものと、対岸(東京・清瀬)だというものと2説あります。川ですから、渡りっこせにゃならんですから両岸で機能していたのでしょう。

清瀬側では、中世期の柱や門や井戸や柵の跡が見つかっているそうですが、見学できるようになっているのかしらね。


元は、北条氏照どのが継承した大石氏の城でした。そのためからか、照どののご正室の比佐さまが一時ここにいらしたとか、いや、比佐さまではなく側室を住まわせていたとかのウワサもあるんですよ。

武張った目的の城っぽいので、そのへんはどうだったのかな?為さまも調べなきゃならぬのですが、氏照どのの女性関係も調べなきゃならないわ。ふぅ。


見学会については、所沢市のHPで。
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/tokoronews/event/bunka/takinojyouato/index.html


では。

コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬがご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 石垣山一夜城、謎のオブジェ群 | トップページ | 「早雲立志伝」by 海道龍一朗 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

0.八王子城と北条氏照」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北条氏照の「滝の城」 発掘調査現地説明会のお知らせ:

« 石垣山一夜城、謎のオブジェ群 | トップページ | 「早雲立志伝」by 海道龍一朗 »