« 頼朝の伊豆山権現(熱海) | トップページ | 「清盛展」at 江戸博と平家物語 »

2012年1月 9日 (月)

2012、1-2月の気になる後北条関連の行事イベント

大河「清盛展」 at 江戸東京博物館
2月5日(日)まで

昨日は第一回目でしたねえ。パパ忠盛が素敵でした。海賊舟の上でロープでブ~ンには笑っちゃいましたけど。なんであそこまで(顔や体や衣装を)汚くする必要があるのか分からんですが、中井貴一さんは汚れてても端正ですねえ。

もったいないなあ。この方に、北条氏政を演ってほしいのにぃ~。

第一回目はベテランで上手い役者さんが多く、演技も丁寧で、ドラマとしては私は面白かったです。そっか!分かったぞ。ナレーションが浮いてる感じがしたのは、その軽い語り口がこの方達の演技に合わなかったからだわ!

えっと、来週は、鹿嶋の太刀を受け継いだ平太くんが、「パイレーツ・オブ・瀬戸リアン」のキャプテン清盛となって大暴れですか。お願いだから、面白いことを願いまする。大河が面白いと、一年楽しめるんですもん。

「清盛展」とは関係ない話ですが、江戸博は初場所中に行くと、電車や駅や通りでお相撲さんに遭遇することが多くて楽しいですよ。


節分 鎧年越(せつぶん よろいとしこし) at 鑁阿寺 in 足利
2月3日(金)
午後7時~8時半頃まで

ご存知でしたか?この行事。
私は知りませんでした。ブログ仲間の武者殿に教えていただきました。

~鎌倉時代中期、足利尊氏をさかのぼる5代前の足利泰氏が、坂東武者500騎を鑁阿寺南大門へ勢揃いさせたという故事に始まる古式ゆかしい行事です。
この日の夜は、鎧・冑に身を固めた武者たちが、ホラ貝や陣太鼓の音も勇ましく、歴史絵巻さながらに大通りを練り歩き、鑁阿寺で追儺式(豆まき)を行います。(足利市HPより)~

だそうです。 ちょっといい感じだと思いませんか。

メイン行事は夜なので、昼間は足利学校を見物できますね。
前に書いてしまいましたが、わらわ小説「早雲の軍配者」自体は今ひとつ(いや、今みっつ)ですが、この小説を読んで当時の「足利学校」には非常に興味がわきました。小説はどこまでが本当でどこからが創作なのか‥‥。知りたい。

しかし、夜か・・・。翌4日には非常に!重要な!ことが小田原にてあるんですよね~。両方は無理だしなあ。足利、いいですよねえ。


浄福寺城ガイドツアー by 八王子城とオオタカを守る会
2月12日(日)

いよいよ、浄福寺城の回なり~。
浄福寺はまったく整備されてませんからね。ガイドさん達は一週間位前から城跡にはいり枯葉を取り除いたりして遺構を見えやすくしてくださっています。一度ガイドさんに連れて行ってもらえば、気が付かないポイントに気が付きますよ。


会津絵ろうそくまつり in 会津
2月10(金)&11(土)

上杉雪灯篭まつり in 米沢
2月11(土)&12(日)
 10日(金)はプレ点灯ですって。

この2つはどうして必ずダブルのか?
ああ、金曜日の夜が会津、翌土曜日は米沢とすれば、両方楽しめるっつう寸法ですか。

私は2年に分けて両方行きましたが、どちらも、いいですよね~。

冬の会津は磐越西線が雪で遅れることが多いので、時間には余裕を見た方がいいですよ。あとは、夜、お城を散策しないと意味がないので、夕ご飯時間が決まってしまう温泉旅館よりは、小回りのきく市内ホテル泊りをオススメします。


流鏑馬 at 曽我の梅林
2月11(土)
今まで、しつこく書いているのでもう何も言わん。
大大大~好き!


講演会「中世を歩く会」 at 埼玉県立嵐山史跡の博物館
2月19日(日)
12時半~16時

開会挨拶、総会に続いて、
(発表)
河越館跡出土の風炉・火鉢について」川越市教育委員会 平野寛之氏

があり、そして、

(講演)
中近世移行期東国の街道と城館 ~「小田原合戦史観」を問い直す~
これですよ、興味津々は。講師は竹井英文氏日本学術振興会特別研究員)


天正18年の小田原合戦は、これまで中世と近世を分かつ一大画期と評価されてきた。小田原合戦により戦国時代は終焉を迎え、多くの城館が廃城となり、幕藩体制に繋がる徳川氏の領国支配が開始されたという理解は根強い。そのため、小田原合戦以後の状況が具体的に検討されることは極めて少ない。

しかし、ここにこそ、東国史の重要な論点が隠されているのである。小田原合戦により、東国社会はどう変化したのか?そこから見えてくる奥羽仕置との関係、さらには豊臣政権の東国支配構想とは?

街道・城館をキーワードに東国政治史・城郭史を再検討し、「小田原合戦史観」を問い直す。(博物館のHPより抜粋)


ねっ、面白そうでしょう。

参加費は、500円(資料代)。往復はがきで申し込み。1月15日締め切りです。
大急ぎ!


ということですが、どうやったって全部は行けない。奥の手、風魔に教わった分身の術を使うとして。それにしたって、金銭的にも問題が。それはキツネに葉っぱをお金に換える方法を教えてもらうか。

次に生まれ変わる時は、悠々自適の大店(おおだな)のご隠居になりたい。


各行事イベントについては、必ず関係機関のHPをご覧くださいませね。


上杉雪灯篭、会津絵ろうそく、曽我梅林の流鏑馬、浄福寺城などの記事は、散々張り付けていて恐縮なので今回は張り付けるの控えまする。

おしまい。


コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬがご感想なりいただければ嬉しいです。

画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 頼朝の伊豆山権現(熱海) | トップページ | 「清盛展」at 江戸博と平家物語 »

05.その他ゆかりの地」カテゴリの記事

08.北条以外の歴史のこと」カテゴリの記事

10.時代劇・小説・なんちゃって小説など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012、1-2月の気になる後北条関連の行事イベント:

« 頼朝の伊豆山権現(熱海) | トップページ | 「清盛展」at 江戸博と平家物語 »