« 報告!「津久井城開城記念~攻防戦」(2012) | トップページ | 小田原城開城の日に歩く、後北条の小田原 »

2012年7月 6日 (金)

8‐9‐10月の気になる北条系戦国まつり&講演会(2012)

昨日7月5日(旧暦)は、小田原北条5代当主・北条氏直が、弟の岩槻(岩付)城主である氏房を伴い渋取口から滝川の陣へ降り、約3ヶ月にわたる籠城が終わった日でした。


10月21日(日)

ダブリます

我らが氏照どのの本拠地の「第一回 元八王子北條まつり」
ご存知!「三増合戦まつり」

さぁて、どうする。
詳細は追ってさせていただきますが、後北条支城衆は一応10月21日はあけておいてね。

Dsc_0806_2
真夏の、「嵐山史跡の博物館」がある菅谷氏館跡

嵐山史跡の博物館の「佐々木健策氏講演「相模国における後北条(小田原北条)氏時代の城郭」(講演会の参加記は期間限定公開とさせていただきまする)


最初に、
小田原や北条氏の概要と、本城や支城の城郭の説明をザックリと、
それから、
小田原北条の城郭の、当時(戦国期)、近世、近現代の意識の変遷。 元になる史料とか、あるべき城の記載がそれらにないこととか、
それから、
相模国内の小田原城城以外の城郭のこととか、発掘調査によってより明らかになった城郭のこととか、
それから、
本城小田原の、発掘調査による遺構や遺物のこと。

(2012.7.8 加筆&消筆~その他の内容は期間限定公開とさせていただきました。)


小田原城開城記念プチプチオフで、板橋側から壮大な大構(総構)を眺め、小田原の巨大な竪堀(の脇に沿った石段)を登ったり、氏照亭の考察(妄想)をした話は追って。あ、氏照亭の考察は秘密ですが。


今日7日6日は榊原康政が小田原城受け取りのために城にはいります。

以下、以前の記事「もし、今日小田原城が落ちなかったら」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-9cc7.html


ほな。


コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬがご感想なりいただければ嬉しいです。
画像は、マリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 報告!「津久井城開城記念~攻防戦」(2012) | トップページ | 小田原城開城の日に歩く、後北条の小田原 »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

5.後北条、企画展・講演会・イベント祭りなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8‐9‐10月の気になる北条系戦国まつり&講演会(2012):

« 報告!「津久井城開城記念~攻防戦」(2012) | トップページ | 小田原城開城の日に歩く、後北条の小田原 »