« 小田原城天守閣木造再建と、匠の技の継承 | トップページ | 石・石・石!戦国北条の御用米曲輪 (2013.2.16) »

2013年2月16日 (土)

小田原城「御用米曲輪」見学会、第一報!

Dsc_1747_2
~現在の天守閣下。左側のスロープは、江戸時代の鉄門へ江戸時代の御用米曲輪から上がるスロープ。その右側一帯の斜面下方からは後北条時代の堀が検出。その堀の上(斜面中程)には曲輪らしきものも!~


午前中は霰(あられ)混じり。作業の方たちが早朝からシートを敷いてくださっていました。ありがとうございます!


さて、何度も何度も何度も書いちょる「御用米曲輪」の見学会に行って参りました。

前々回までの目玉は「戦国時代の障子堀」。

前回は「戦国時代の当主クラスの館跡の礎石や砂利敷き(←その後の様々な考察により、もしかしたら当主の館ではなく少し規模の小さい会所とかの建物だったかも・・らしい。となると当主の館は・・・)」など。

そして、今回は「戦国時代の広大な庭状遺構」や「水路」など。


見学回に集った人は最終集計、なんと1000人あまり!とのこと。

凄いです!いかに小田原北条時代が人気があるかということですよねえ。


小田原の方達、我らが北条氏照どのの本拠地である八王子の文化財課の方々、城郭・北条研究者の方々、ブログにコメントくださっている方達・・・などなど、こんなにたくさんの北条&北条の城郭ファンに、同時にお会いしたのは初めてです。

(って当たり前だ。私達ったら、見学会の最初から最後まで御用米曲輪で過ごしてしまったのだ。あんまり素晴らしくて、テント張って泊まっていこうかとまで思っただよ。)


みなさんとお話できて嬉しゅうございました。今後共、よろしゅうお願い申し上げまする。

また、懇切丁寧にご説明くださり、その上、説明時間外もたくさんの見学者(私も含め)の質問に答えてくださった小田原市の方々、ほんとうにお疲れ様でした。ありがとうございました。


見学会の詳細は、数日後に。


以下、これまでの御用米曲輪見学の記なり。
「2011.12.14」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-3952.html
「2012.1.24」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-4c47.html
「2012.2.4」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-48fa.html
「2012.8.20」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-1f30.html


ほにゃ。。。

コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 小田原城天守閣木造再建と、匠の技の継承 | トップページ | 石・石・石!戦国北条の御用米曲輪 (2013.2.16) »

03.氏照と八王子城以外の北条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城「御用米曲輪」見学会、第一報!:

« 小田原城天守閣木造再建と、匠の技の継承 | トップページ | 石・石・石!戦国北条の御用米曲輪 (2013.2.16) »