« 弘治2年の「北条 vs 里見の海戦」は本当にあったのか? | トップページ | 今日7月21日、北条氏直は高野山へ旅立つ »

2015年7月15日 (水)

北条氏政&氏照「墓前祭」 in 小田原

Img20150711_1515041_2
~墓前祭の準備万端。おしゃれ横丁の、我らが氏政&氏照のお墓。~


そんなこんなで、サル7月11日は北条氏政&氏照の命日でした。北条歴友のお二人と天正18年の小田原攻め時の徳川方の陣場を巡り、その後、北條遺跡顕彰会さんが主催する墓前祭を見学しました。


horse 徳川陣場めぐり

名にし負う超方向音痴のマリコ・ポーロ。徳川陣場巡りは今回4度目なのに、そのたびにお連れ様を市中引き回しの刑に合わせる始末。ある時など、始めて陣場を巡る歴友に陣場の地図を渡し各ポイントに導いてもらったことも・・(^^;。←どれだけ酷い方向音痴度か。

その上、この日は今年一番の暑さとなった日(その後更新中だが)。海岸に近い陣場あたりは一寸の日影も無く「妄想族」ならぬ「朦朧族」。お二人に地図と地形を読んでもらい、どうにか全ての陣場をクリア!ありがとうござるぅ~。


いくら方向音痴とはいえ何故にそんなに迷うかというと、各将の陣は街中の同じような景観の住宅街に点在しており、また、家康の本陣以外の各将の陣場にはなんの表示も説明板もないからなのでござります。

今でもお家が残る徳川方に屋敷を貸した家々の表札に萌えながら、現代の地図に上乗せされた陣場位置図や中世の堀や土塁図と現場の暗渠や高低差を見比べ、「どうやって総構の西側と連絡をとったんだろう?」「アッチだ!」「いや、コッチだ!」と熱中症寸前まで熱中して歩き回りました。楽しかったですね~。

以前のブログ記事です→「小田原攻め、徳川方の陣場めぐり」http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-5964.html

さて、我らが政&照の墓前祭へ向かうといたしましょう。>

Img20150711_174307_2
~江戸時代の小田原城の内冠木門のところでずっと寝ていた猫門番cat。「氏直っ?!氏直さんなのっ!?」と呼びかけたら、ヒクッとした。~


お昼は「北條水軍」さんで「氏直御膳」をいただきました。「氏直3つお願いしやす」と頼む時はチト嬉しいねfishsweat01


horse 墓前祭

午後3時からは、北条氏政と氏照の墓前で行われた墓前供養を見学。

たぶん北条ファンでもほとんどの方がご存知ない小さな墓前祭で人も少ないですが、副市長(例年は市長)、衆参両議員、文化財課長さんなども列席。なんか不思議~な雰囲気。


顕彰会の鈴木会長さんの熱いご挨拶のあと、来賓挨拶が続き、そして、現在墓所を管理する永久寺のご住職が読経する中、順番にお参りをします。

関係者の方達が終わった頃をみはからい、「顕彰会ではないのですが、お参りさせていただけますか?」と伺ったところ、「どーぞ、どーぞ。是非~」とお線香を渡されました。


「いつもブログに書かせていただいているマリコ・ポーロです。仇はわらわがきっと討ちまする!」

しっかりお参り(え?)。

階段を降りたら例の「幸せの鈴」をくださいました。ここでお線香を手向けたのは初めてです。いと嬉し。


wine 氏康ご正室のお墓参り

古郭の城山テラスでお茶後、タモリさんではないですが、古郭側の段々段差にあらためて感服。当時もこんなに曲輪とか段々ダダンだったのかな~と思いましたが、瑞渓院の 当初の 菩提寺「願修寺」もこの段々ダダンの迷路のような狭間にあるから、そうだったのでしょうねえ。


瑞渓院は籠城中の6月に城内で亡くなりました。氏政の後妻と同日でしたので、たぶん自害。それも、たぶん瑞渓院の意向だったと思います。もしかしたら、瑞渓院が無理やり・・ごにょ。後妻さんはお公家さん。自害はなさらないような。

だって、瑞渓院はあの今川寿桂尼の娘ですぜ。怖かったらしいし・・ごにょ。


瑞渓院は氏康の正妻ですから、本来だったら早雲寺に葬られるものです。しかし、早雲寺はすでにおサルのもの。籠城という状況下で母上を失い、満足な葬儀もできなかった(たぶん)氏政はじめとする息子達の気持ちはいかばかりだったか。

「北条氏康ご正室 瑞渓院の二つの菩提寺」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-653a.html


horse オマケ

Img20150712_111542
~銅門内部。太い梁だねえ。~

江戸時代の小田原城天守が耐震補強工事に入りましたね。来年、平成28年の4月下旬がリニューアルオープンだそうですが、その期間の土日祝日、銅門内が特別公開されています。風が抜けて涼しい~ですよ。

そんなこんなで、今年の7月11日も盛りだくさんで暑くて熱い一日となりました。


clover 映画「アラビアのロレンス」で、シェリフ・アリを演じたオマー・シャリフが亡くなりました。「アラビアのロレンス」は私の一番、断トツ、別格に大好きな映画です。あくまでも映画としてですが、オマー・シャリフが演じるシェリフ・アリも本当に素敵heart01でした。合掌・・。→こちらで熱く書いておりまする。よろしければ。http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-1afa.html

紅花


cat 画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 弘治2年の「北条 vs 里見の海戦」は本当にあったのか? | トップページ | 今日7月21日、北条氏直は高野山へ旅立つ »

2.北条の小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/61888201

この記事へのトラックバック一覧です: 北条氏政&氏照「墓前祭」 in 小田原:

« 弘治2年の「北条 vs 里見の海戦」は本当にあったのか? | トップページ | 今日7月21日、北条氏直は高野山へ旅立つ »