« 2 ▲小田原「百姓曲輪」の虎口 | トップページ | 家康の「しかみ像」は昭和に作られた逸話だった? »

2015年11月 6日 (金)

3 ▲総構の「荻窪口」と「百姓曲輪」の関係

その前に・・

pen 「小田原市遺跡調査発表会」
毎年恒例 「最新出土品展」の最終日に行われる発表会です。今年は、11月29日(日)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/property/maizoubunkazai/ko-7323.html


さて、
障子堀が出てきた小田原の「百姓曲輪」3本立ての最後です。取りあえずは。一応。(先のブログ記事2本は文末にリンクしましたので併せて是非ご覧くだされ。)


Img20151103_170522_3
~百姓曲輪の祠。中は空っぽ。西側曲輪の南西角と、東側曲輪にも同じ場所の角(こちらは同行者が確認)の両方に建つ。どちらも、当時は分からないが、現代は一応曲輪に入れる箇所。~


サル文化の日、早雲寺「曝涼」の帰りに再び百姓曲輪を偵察してきました。

祝日の夕方なのに担当者の方と小田原城郭研究会の方がいらしていて、またまたチョットだけお話しを伺うことも出来ました。ありがとうございました。


今更知ったことも含めて、「びっくりポン!編」を以下。(やはり前々回&前回のブログ記事を先に読んでくださった方がいいかもしれませんにゃ。)


horse 慈眼寺側の堀

下の道まで繋がっていると長年想定されていましたが、今週の調査で、堀は途中で終わっていることが判明。つまり、寛文年間の「松原図」が合っていた!

Img20151103_205630
~アバウトだが、オレンジの部分の堀は無かった。!~

前回のブログ記事に、「寛文の松原図には慈眼寺側の堀がない。慈眼寺が出来た時(元禄)に堀が掘られたりしてね~」みたいなことを書いてしまいましたが、元々は無いのが正解だったようです。

逆に、慈眼寺さんが出来た時に下の道に繋げたのだったりして。

びっくりポン!


horse 総構の「荻窪口」

現代の農道から山の神堀切まで(上の写真のピンクの部分)、総構の堀は広い範囲で切れていると城郭研究会の重鎮が教えてくださいました。

教育委員会や城郭研究会など作成の、皆さんが持っている少し以前の総構の現代の絵図では、繋がっているか、他の虎口と同じ位のチビットだけ開いている程度に書かれてしまっていますよね。


家に帰ってから、一番古い「加藤図」で荻窪口を確認してみたところ、ホントだ!かなり広い範囲で堀は切れていますな。だから「山の神堀切」をあんなにガッチリ造ったのだね。

Img20151105_213257
~山の神堀切がにゃいが、矢印のとこ。まさか大久保さんが広げたなんてことはないですよね?なんだか最近は何もかもが信じられにゃい。家康の「しかみ像」が昭和に作られたエピソードだったというし・・。~


城郭研究会さんのガイドツアーの時にいただいた資料の「荻窪口」の項をあらためて読んだところ、その旨ちゃんと書いてありました。農道から山の神堀切までは、直線距離で約105m。たぶん説明でも伺ったのでしょう。すっかり忘れているマリコ・ポーロsweat01

今まで「荻窪口」にあまり意識がいかなかったので気が付かなかったですが、つまり、荻窪口はかなり広い範囲で虎口を構成していたということですか。弁解するわけではないですが(してる)、小田原城総構はあまりに規模が大きく、数回歩いて説明を聞いた位では把握できない・・ですよね。


天正18年。このあたりを受け持ったのは、足柄城から撤退してきた氏光さんでしたっけ?装甲車や3t半トラックや戦車が出入りしていたのかな…え?

びっくりポン!


horse 百姓曲輪はなんだったのか?

Img20151020_164843
~下(南側・城内側)の道から曲輪を眺めるの図~


百姓曲輪は、「荻窪口」からほんのすぐそこにあります。「山の神堀切」と慈眼寺側の堀は、前々回の記事であげたクランクした細い山道(のような道)で繋がっています。このルートは非常に重要だと城郭研究会さんの資料にも書いてありました。


「荻窪口」が物資や兵の搬入口だったとしても、「荻窪口」からスムーズに簡単に行けるような曲輪が裏祭祀を司る場所であるわけはないですよね。

百姓曲輪には大六天を祀っていたと妄想していましたが、残念ポン!down


曲輪の下方、つまり南側から(上の写真)は障子を伴う堀で登ってこれないようになっているから香沼姫さまとも関係がないようです。あれ?南側を遮断ということは、城内から上がってこれないように守っていたってこと?

いったい、それらの堀や堀切はどこを守っていたのか?どちら方面からの侵入を遮断していたのか?やはり、重鎮おっしゃるように御前曲輪ですかね?


う~む。
ワテにはさっぱり分からん。専門家の方、早く調べて教えてくだされ。


horse 早雲寺さんに、こんな貼り紙が!

Img20151103_171633

本堂の扉に貼ってありました。お寺さんにとっては大問題なことだとは思えど、大ウケしてしまった。すみませんsweat01

小田原市のHPにも「サル情報」が載りますが、歴史友達が「被害を防ぐなら禁制を買わないと・・」って。またウケてしまった。

小田原なだけに、おサルというのがねえ。本当にすみません。


「障子堀が出てきた百姓曲輪を偵察させていただいた」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-1a58.html
その追記「百姓曲輪の虎口」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-c3eb.html


萩真尼

cat コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬがご感想なりいただければ嬉しいです。画像は、マリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« 2 ▲小田原「百姓曲輪」の虎口 | トップページ | 家康の「しかみ像」は昭和に作られた逸話だった? »

2.北条の小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/62621104

この記事へのトラックバック一覧です: 3 ▲総構の「荻窪口」と「百姓曲輪」の関係:

« 2 ▲小田原「百姓曲輪」の虎口 | トップページ | 家康の「しかみ像」は昭和に作られた逸話だった? »