« かつて訪ねた「真田の里」 | トップページ | 神流川の戦いの地へ~天正壬午の乱 »

2016年2月 4日 (木)

「歴史秘話ヒストリア」 武田勝頼の正室のこと

今週の「歴史秘話ヒストリア」では、武田勝頼の正室、北条夫人 桂林院様 のことが大きく取り上げられていました。

先日の「真田丸の場所」についても、まだ堀ってもいないのに編集で断定されてしまって、疑問がかなり出ていますが、今週も例によって例の如く、「ヒストリア」はまたやってくださいましたな。


私の歴史仲間では「ヒストリア」を信じている方はほとんどいません。歴史師匠方はとうに観ることを放棄してらっしゃいますし、出演された諸先生方では編集で違うようにされてしまった、自分はそんな意味のことは言ってないと嘆く方々もいらっしゃいます。

まあ、所詮は軍記物目線の「ヒストリア」。とはいえ、私のような素人歴史ファンは時々つい観てしまう「ヒストリア」。観て、そして、ある程度知っていることについては毎度「監修したのは誰よ!」と文句を言い、よく知らないことについては「他がああなんだから、ダメダメ。これも全部信じちゃ。」と警戒しながらもつい信じてしまって師匠方に話し、「何言ってんだよ~。ちゃうちゃうpaper」と笑われることになるのです。


そんなこんなで、こたび何に対してこんなにケンケン嫌味を書き連ねているかと申すと。

それは、上杉謙信死後の、謙信の甥・景勝と謙信の養子・北条の景虎の家督争い(今は、家督争いということにも異説あり)の時のこと。

Photo
~越後、御館(おたて)。謙信くんも、後継者には、敵(北条)からの養子と、自分が父親の仇となる甥っ子しかいなかったとは…。~


番組では、なんの前後の脈絡もなく、いきなり、
「北条は一方的 に(武田との)同盟を破棄し・・・」
と言っていました。


『北条氏康の子供たち』の本の紹介のところでも書きましたが、かつて私は、信玄亡きあとの武田の財政難につけ込んだ直江兼続が勝頼を買収(領土割譲)。勝頼も家のために上杉に寝返り、そして、景虎(桂林院様の兄弟)方が一気に不利になったと聞いてきました。

ところがこの本を読んで、私の認識はそれこそ「ヒストリア的」であって、状況はそんな単純なことではなかったと知りました。


そこで慌てて、途中までしか読んでいなかった『上杉景虎 2011.2』(今福匡著)を本棚から引っ張り出して読んだところ、こちらにもこの「御館の乱」前後の勝頼、上杉、北条の動きがかなりページを割いて書かれていました。

昔のブログ記事には勝頼様を非難したようなことを書いてしまっているかも・・。ごめんなちゃい。sweat01


つまり勝頼は、上杉方から景虎との和睦の仲介を依頼され、一度はそれを成したものの和睦はすぐに崩れ、北条氏政は「腹立つぅ~の ハラタツノリ」になり、武田と北条は 正式に 同盟を破棄したのです。

038
~景虎さんが自刃した鮫ヶ尾城~


果たして、
上杉の武田への領土割譲が買収なのかそうでないのか。上杉の「和睦」がどのような意味なのか。勝頼の仲介と中立がどこまで両者のことを考えてあげたものなのか。北条氏政が上杉との和睦なんて全然求めていなくて、好戦嗜好により拍車がかかっちゃったのか。その辺の本当の真実は分かりません。


娯楽番組ですし、歴史に興味を持ってもらおうと食いつきの良さそうなネタをたくさん出そうと努力してらっしゃるのでしょうが、それにしても、「御館の乱」にまったく触れもせで、「一方的に同盟を北条が破棄した」とまとめてしまう番組のなんと雑なことよ。

なんだか、これまでの大河といい、もしかしたらこの放送局には、あくまでも北条氏政を悪者にしておきたい誰かがいるのではないかと勘ぐってしまいますわ。


もうひとつwine

先日も当ブログで書きましたが、桂林院様のあの願文は、以前より桂林院様が書いたのではなく、後に描かれたものではないか?と言われてもいます。なぜなら願文には、願文が奉納されてから後に起こった木曽のことに触れられているからです。

昨日の「ヒストリア」で桂林院様の一途さにキュンheart01となったオジサマ方、ごめんなちゃい。


また、番組では桂林院様が実家の北条を見限ったようにされていましたね。これは、分かりません。どうだったのだろうねえ。

「実家を見限った」というより、「実家より勝頼様を取った」ということではないかな。今の14才とはまったく違うとはいえ、14才で32才の勝頼様に嫁いだ。たぶん14才の深窓のお姫様にとって勝頼様はとても優しくて、大人で、頼りがいがあって・・・。ね、大人の皆さまには分かりますよね。


「続・武田勝頼の正室、桂林院さま」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-7141.html
「武田勝頼に嫁いだ北条の姫」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-c799.html
「歴史秘話ヒストリア」 武田信玄の姫たち
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-50fa.html

萩真尼

cat コメント欄をもうけさせていただきました。公開はいたしませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。画像は全てマリコ・ポーロが撮影したものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

|

« かつて訪ねた「真田の里」 | トップページ | 神流川の戦いの地へ~天正壬午の乱 »

3.小田原北条のヒロイン達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/63165996

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史秘話ヒストリア」 武田勝頼の正室のこと:

« かつて訪ねた「真田の里」 | トップページ | 神流川の戦いの地へ~天正壬午の乱 »