« 北条幻庵の子息の菩提寺「三島 祐泉寺」 | トップページ | 北条の血をひく女人達①北条早雲の息女たち »

2016年8月24日 (水)

御用米曲輪の『報告書』&『江戸東京の下町と考古学』

その前に・・
岩櫃で楽しそうなフォーラムがありますね。

●●●
●●● 岩櫃城フォーラム

『ここまで見えた!!岩櫃城~最新の調査で明らかとなる真田の城の姿とは?~』

日にち: 9月19日(月・祝)
ところ: 東吾妻町コンベンションホール
定 員: 400名
申込不要

講演は、竹井英文氏、吉田智哉氏(東吾妻町教育委員会事務局)、齋藤慎一氏

吾妻町HP
http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/contents/1464220726660/index.html


▲▲▲
さて、本題でござる。


beer 谷口榮 『江戸東京の下町と考古学』

  Img20160813_075802
~2016.2.25 雄山閣 2200円
カバー表(東京東部地形段彩図 小林政能氏提供)

「縄文海進から昭和の戦争遺跡まで、近年の発掘調査の成果から水の都・東京低地の地域史を描く!!」


著者は、江戸(東京)の歴史好きにはお馴染みの、葛飾区郷土と天文の博物館学芸員・谷口榮氏。

まだ中世のところしか読んでいないですが、前島や葛西城のことが載っています。考古学なので人物のことはほとんど書かれていませんが、右下の赤丸内に「家康以前の江戸は寒村ではな かった!」とありますよね。このところ非常に気になっているテーマなので、とても面白かったです。

雄山閣HP→http://www.yuzankaku.co.jp/products/detail.php?product_id=8283


beer 『史跡小田原城跡 御用米曲輪 発掘調査概要報告書』

Img20160802_115312_2
~2016.3.30 小田原市教育委員会 3000円~


関係者用か!というくらいの、もっの凄い情報量。「戦国期遺構全体図」のオマケが嬉しい。

東国中世考古学研究会HP→http://tougoku.cocolog-wbs.com/_online/2016/05/post-2555.html


beer 『発掘調査成果でみる16正規大名居館の諸相‐シンポジウム報告-』

Img20160802_120318
~2016.3.10 東国中世考古学研究会 2500円~


2015年7月18日・19日に開催されたシンポジウムの記録集。 発表要旨の再録、総合討論の記録、成果と課題を掲載。16世紀の大名居館の建物・庭園・空間構成をどう読むか?(以上コピペ)

御用米曲輪はもちろんのこと、大内氏館、朝倉氏館、韮山堀越御所などなどなどの、調査成果の報告とそのあとのシンポジウム。

HP→http://tougoku.cocolog-wbs.com/_online/2016/05/16-e878.html


マリコ・ポーロ こと 萩真尼

cat 画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 北条幻庵の子息の菩提寺「三島 祐泉寺」 | トップページ | 北条の血をひく女人達①北条早雲の息女たち »

4.その他の後北条ゆかりの地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/64097401

この記事へのトラックバック一覧です: 御用米曲輪の『報告書』&『江戸東京の下町と考古学』:

« 北条幻庵の子息の菩提寺「三島 祐泉寺」 | トップページ | 北条の血をひく女人達①北条早雲の息女たち »