« 北条の血をひく女人達②太田資高室~北条氏綱の息女たち | トップページ | 北条の血をひく女人達③吉良頼康室~北条氏綱の息女たち »

2017年1月17日 (火)

講演 「戦国の争乱と沼津-境界の戦国史」 by 則竹雄一氏

56181318_2240891080_240large
~一度立ってみたかった、何かにつけて登場する三枚橋城。左奥方向の、橋が架かっているのが狩野川(黄瀬川)。北条の徳倉城 はビルで見えなかった。~


さて、
絶賛開催中の、富士・沼津・三島3市博物館共同企画展「駿東・北伊豆の戦国史」の、沼津市明治史料館で行われた則竹雄一氏による講演会を拝聴して参りました。


56181318_2240892389_115large
~充実の図録。なんと、200円也!~


fuji 展示

午前中は企画展を見学。


展示は、北条5代を主軸として、それぞれの時代に起こった、

今川義忠の死と跡目争い→宗瑞の伊豆入り→第1次河東一乱→第2次河東一乱→信玄の駿河侵攻→甲相同盟→御館の乱による同盟の崩壊→家康の登場と勝頼の駿河出陣→武田滅亡→家康の河東支配→氏政&家康の会盟→関東・奥惣無事・・

延徳3年~天正18年までの流れが、たっぷりの文書や地図・写真などと共に時系列で分かり易く説明され、たいそう濃ゆ~いものでした。


そうそう、今ハマっている葛山氏の展示もありました!


fuji 講演会

そして、より濃かったのが、午後の則竹雄一氏による講演会。

則竹氏の書かれた『北条氏康の子供たち 2015.12』での我らが北条氏照の項や、『古河公方と伊勢宗瑞 2013.1』を拝読し、一度講演を伺ってみたいと思っていたのでチト遠いですが頑張って沼津まで参った次第。行った甲斐がありました~。


Img20170117_103446
~惣無事(天正13年島津義久宛豊臣秀吉直書)、第一次河東一乱(天文6年妙法寺記・快元僧都記・西光院北条氏綱判物)、第二次河東一乱(天文14年妙法寺記・高白斎記)などなど~


則竹氏は、この様々な勢力支配が入り乱れた地域と時代を、たくさんの文書を元に時系列に沿い、明晰な声で、熱く、しかも分かりやす~く解説してくださいました。いや~、面白かったです!

境界の戦国史はとてもドラマチックで、大河ドラマ一年分を観たような気持ちになりました。


出来事それぞれへの則竹氏のお考えについては、私の勘違いや、私の書き方により語弊が生じると申し訳ないので割愛。へぇ~~confident と思ったことだけ。


▲ 沼津市が持つ豊富な史資料
伊勢宗瑞遺構546点。
市内現存文書約170点。

上にも書いたように、沼津は境界地域で支配勢力がコロコロと入れ替わったため、ひとつの場所で3大名の史資料がみられる。則竹氏曰く、「しかもケンカばっかりしているから、いっぱいお手紙を出す」

アハハ happy01 。へぇ~~


▲ 「駿郡」は古代以来の郡名ではなく、また「河東」も新しい地域名

元は「駿するがぐん とな。「駿郡」 の初見は、天文20年の今川義元判物。

へぇ~~


そして、よく聞くし、よく口にするけど、よく分かっていなかった「河東」の「河」とは何川だかご存知でした?あ、皆さんご存知でしたか。そうですよねえ。私知らなかった・・coldsweats01

富士川、なんですってね。「河東」の初見は、北条氏綱さまの天文6年の書状だそうです。

へぇ~~


▲ 「人返し」

Img20170117_1037581
~天正6年北条家『裁許印判状』・天正13年北条氏規印判状など~


北条家の『裁許印判状』を読みながら、泉郷の「乙さん」という女性が、入れ替わる北条領と徳川領を行ったり来たりする様子と、なぜ村から民が欠落するのかという話を、日本昔話しのように楽しく説明してくださいました。

へぇ~~


たった一人の村民の足跡がこんな細かく書き残され辿ることが出来るとは驚きました。当時は、村民=生産力&戦力だものねえ。

乙さんも、さぞや、あの世でビックリしていることでしょう。


▲ 興国寺城のこと

Img20170117_103527
~下段。興国寺城(天文18年今川義元判物(写)・駿州錯乱(永禄11年北条氏照書状)~


かつて、興国寺城は「北条早雲旗揚げの城」と言われました。しかし昨今は、ごにょにょ・・となってきていますね。

2012年10月に当ブログでも書きましたが、黒田基樹氏は2012年にこう書いてらっしゃいました。
① 興国寺城拝領は史料になく、伝承の域を出ない
② 興国寺城築城は天文18年である(早雲はおろか氏綱も死んじょるsweat01
③ 早雲の領地は富士市の「下方荘」であり、駿東郡にある興国寺城は下方荘の支配拠点にはそぐわない

ゆえに、下方荘拝領が事実ならその拠点にふさわしいのは「善得寺」である、と。


2012年の本なので現在のお考えは分かりませんが、上の写真の、義元が真如寺(旧興国寺)に宛てた書状には、「興国寺の跡地に興国寺城を造る…」とあります。これが黒田さんも書いている天文18年築城説の根拠なのですね。

へぇ~~

則竹氏も、「ということは・・ねっ、沼津の皆さんにとっては・・・ごにょ」みたいにお話しされていました。


そんなこんなで、
企画展も講演会も興味深くて、へぇ~~と思ったことは他にも多々あれど、それを人様に自分が話せるかといえば、とても無理。だって、本当にややこしい地域なんだもん。乙さんの立場がよく分かる(?)。

駿州錯乱 ならぬ、脳内錯乱 bearing


いただいたレジュメの最後にあった「年表」が、年表とされながらも、さながら文書の史料集になっているのが凄かった!


企画展は、こちらの沼津市明治史料館と三島市郷土資料館「北条五代と山中城」が1月22日まで。富士市の富士山かぐや姫ミュージアム「三国同盟とその周辺」が2月26日まで。

ほにゃ。


萩真尼 こと マリコ・ポーロ

cat 画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 北条の血をひく女人達②太田資高室~北条氏綱の息女たち | トップページ | 北条の血をひく女人達③吉良頼康室~北条氏綱の息女たち »

5.後北条、企画展・講演会・イベント祭りなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/64775604

この記事へのトラックバック一覧です: 講演 「戦国の争乱と沼津-境界の戦国史」 by 則竹雄一氏:

« 北条の血をひく女人達②太田資高室~北条氏綱の息女たち | トップページ | 北条の血をひく女人達③吉良頼康室~北条氏綱の息女たち »