« 6月23日、八王子城は今年も落城す | トップページ | 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる »

2017年6月28日 (水)

八王子城戦~前田家臣たちの証言と、彼らの驚きのその後

by マリコ・ポーロ

Img20170625_131844
~霧立ち込める御主殿にて合掌…(2017年6月落城月)~


今年もやってきました。八王子城落城 6月23日。


その前に…
先週、直虎さんが新野の次女と北条との縁組をすすめていましたね。お相手は狩野主膳。氏照の重臣、狩野一庵の息子です。

一庵殿は八王子城で壮絶な最期を遂げましたが、主膳殿はどうしたのでしょう。やはり討死したのでしょうか。としたら、新野の娘はどうなったのでしょう。


大善寺や相即寺には八王子城戦で命を落とした人々の、一部ですが、過去帳があります。『新八王子市史資料編』に載っていますが、主膳やその「内」の名前は見られませんでした。

主膳は氏照に付き従って本城小田原に入っていたのでしょうか。しかし、その場合も妻女は八王子に残されていたはずです。新野の娘は、舅や姑と共に八王子城で果ててしまったのでしょうか。

見せしめとされ、徹底的に皆殺しとされた八王子城には、一門の内から嫁いできた女人だけではなく、新野のように他家から嫁いできた女人もいたのでしょうね。なんだか可哀想だわねえweep


狩野主膳家がその後どうなったのかと思いましたら、小田原が終わったあと→主膳の息子は徳川方木俣氏の養子となり→江戸時代は井伊家の家老などを勤めたようです。

へえ~~。


Img20170626_214841_3
~戦国時代の「平和」とは、権力者のための「平和」。敵もやってこず、安心して自領を支配できる「平和」とのこと。最近のテレビドラマにみられるような「民衆のために求めた平和」という意味ではないそうです。~


本題の、前田家臣達の証言です。


岩付も落ち、鉢形も降り、24日には韮山が、25日は津久井も開城。そして、26日には、秀吉が、早雲寺から小田原の 負の遺産 のちに石垣山一夜城と呼ばれる笠懸山(松山)に移りました。いよいよ、本城小田原開城までのカウントダウンが始まります。

天正18年の経緯については今までドッチャリと書いてきておりますので、先のブログ記事(カテゴリー「八王子城と北条氏照」)をご覧くだされますと嬉しいです。


さて、八王子城落城月のサル一日、八王子市史編さん委員でもある八王子衆、加藤哲先生による講演会がガイダンス施設で催されました。主催は、NPO八王子城跡三ツ鱗会。

惣無事令「と、最近いわれることもあるもの」に投げかけられている疑問符について、最新の説を分かり易く解説してくださいました。


今の歴史の教科書に書かれていることは、戦国時代に限らず、私達の時代とはかなり違っていますが、惣無事については、こう ↓書いてあるのですね(山川出版社『詳説日本史B』)。

▲ …関白になった秀吉は、天皇から日本全国の支配権をゆだねられたと 称して、全国の戦国大名に停戦を命じ、その領国の確定を秀吉の裁定に任せることを 強制した ⑧。…

この政策を総無事令と呼ぶこともある。▲(赤字とアンダーラインは、マリコ・ポーロが致しました。)


ドびっくり~\(^o^)/

何故かバンザイ。随分と変わりましたね~。


加藤哲先生は高校の歴史の先生です。今年初めに講演会へ行った則竹雄一氏もそうですよね。お話しも上手で、私の学生時代もこういう先生方だったら良かったのにな~。歴史の授業が嫌いにならないで楽しみになっていただろうな~。私が通っていた中学や高校の歴史の授業、ただ年号と出来事を時系列に話されるだけで一時間が長くて辛くて。それなら年表読むわ、と思ったものでした。


おっと、そうそう。話を戻し…
停戦命令は、関白だから ではなく、信長の後継者だから 出したと考えるのだそうです。その根拠も様々な方面からの検証で説明してくださいました。


Img20170626_215007
~大手から御主殿に向かう橋の上から、御主殿虎口を眺める(2017.6)~


講演の中で特に興味を惹かれたことがあります。それは、江戸初期に書かれた、八王子戦に参陣した金沢藩前田家の家臣たちの戦功の覚書です。

市史に載っているそうですが、見ていませんでした。
(^^;sweat01


八王子城の壮絶な戦いは、八王子城兵だけではなく攻め手側にもたいそうな犠牲が出ました。前田利家や榊原康正らは、八王子城を落とすのに非常に難儀したことを手紙に書いていますよね。

かつて「八王子城とオオタカを守る会」の重鎮Y殿は、利家が遺言状でも八王子の戦についてかなり触れているということは、あまたの戦を経験した利家にとってさえも八王子戦は印象的な戦だったのだと思うとおっしゃっていました。


覚書についての加藤哲先生のお話しを聞いていて、戦功を証言した家臣達はどういう人達なのだろうか、どの程度の地位の家臣なのだろうか知りたくなりました。チト検索してみましたところ、興味深いことが出てきたのです。



Img20150404_191020
~旧道から見上げる柵門台下の石垣~


まずは、証言の覚書を抜粋。もっと詳しくちゃんとお知りになりたい方は、市史をどーぞ。


horse 横山山城守(横山長知・利長家臣)

…塀際に付き、矢きりを切り落として一番に乗り申したところ、城中の者きびしく防ぎ、大身の鑓にて左の膝頭をつかれ石垣の下へ突き落され、歩くこと叶わず…


horse 横山如雲(山城守甥)

…一番乗りをされた山城守様が塀の上より石垣の下へ突き落されたところ、御舎弟五郎殿(16歳)が山城守様を助けようとしたが、御母衣が石垣に埋まってしまった。脇差にて母衣籠を切り離し山城様を引き立たせた。御家来衆が追々駆けつけ、五郎殿は本丸へ攻め登った…


horse 向七兵衛

…横山山城殿・太田但馬殿(太田長知)の御両人は手負いとなったため、私ひとり残り、塀へ乗り、名乗りしたところ鉄砲で胸板を撃たれた…


horse 山崎作右衛門尉

…閑斎(山崎長徳)と共に隅の櫓の下まで罷り越し、塀を乗り越えようとしたところ鉄砲に撃たれた…


horse 堀覚左衛門

金子 と申すところを朝懸けに攻め、金子三郎左衛門という者を討ち取った…


horse 今井才右衛門

…一番の丸(山頂曲輪ではなく御主殿だろう) 多門へ、宇野平八・印牧次郎兵衛と共に一番乗りを仕り、矢簾を切り落とすところ、三人共に鑓手を負った…


どの覚書にも、「この働きは、ダレソレがよくご存知です」と必ず書かれています。山城守殿や山崎殿がいたのはどこだったのでしょうね。堀殿の金子曲輪しか分からないところが残念なり。


八王子城ファンの私は、いつも守る側の立場からばかり見ています。ご本人方の申告なので話を盛っているところもあるとは思いますが(胸板を撃たれても助かっている?←by 加藤先生)、麓から山頂に向かって攻め上ってゆく寄せ手の困難さがビジュアルで迫ってくるようです。彼らは利家や利長にとっても側近中の側近だったのでしょうが、それでも最前線で一番乗りを争って戦っていたのですねえ。

その日は、こんなシーンが、深夜から翌朝にかけて城のあちらこちらで繰り広げられていたのでしょう。


007_2
~外郭の太鼓曲輪の大堀切。遥か下方に人がいるのが分かりますか?八王子城はどこもかしこも急峻である。~


そして、戦功を述べた彼らの、その後のこと。

なんと、上の覚書に出てくる横山山城守、山崎閑斎、太田但馬、そして前田利長の間で刃傷事件が起きたのです!


ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、慶長7年(1602年)、前田利長の命により、横山山城が太田但馬を、城内にて殺害したそうですよ!

当初は、山城殿と閑斎殿の二人で事を成すはずだったのが、閑斎殿が遅刻してしまったのでsweat01 山城殿が一人で実行に及んだそうです。太田殿もかなりの反撃をしたそうですが、力尽きてしまったとのこと。


前田さんちにはトント疎いので私には理由はよく分かりません。徳川派と反徳川派の争いだったとか、妾を取り合ったとか、果ては狐の仕返しだったとか色々言われているようです。

ご興味ある方はどーぞお調べくださいませ。


しかし。八王子城の最前線で一緒に戦った3人が、10年後には城内で殺し合っていたとは…。

そんな時代であったことよ。


bottle 八王子城戦で犠牲となった方々に献杯 bottle


「八王子城落城~北条氏照の残・念」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-4eae.html
「今夜半、八王子城総攻撃始まる」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/420-9797.html
「八王子城落ちる」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-0e49.html
「八王子城、戦い済んで日は暮れて・・・」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-1bb4.html

「アフター北条氏照の大久保長安についての妄想」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-6cc6.html
「報告▲八王子城の発掘調査見学会」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-cac0.html
「八王子城の「庭園遺構」がより凄いことになっています!」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-8c21.html


萩真尼 こと マリコ・ポーロ

cat 画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 6月23日、八王子城は今年も落城す | トップページ | 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる »

0.八王子城と北条氏照」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/65461881

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子城戦~前田家臣たちの証言と、彼らの驚きのその後:

« 6月23日、八王子城は今年も落城す | トップページ | 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる »