« 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる | トップページ | シンポジウム~戦国期における大名と「国衆」(2017.7.16) »

2017年7月22日 (土)

「戦国!井伊直虎から直政へ展」 江戸東京博物館

その前に…

祝! 「北条幻庵、大河ドラマ出演!」

今週の直虎さんに、北条幻庵が出ましたね!最後のエピソードでも久野の幻庵屋敷や一節切、覚書が紹介されました。品川徹さんは、今BSでも再放送中の「風林火山」で兄の北条氏綱を演じてらっしゃいます。これで、大河で兄弟を演じたことになりますねえ。

幻庵殿のブログ記事の一部です ↓
「戦国武将が愛好した尺八 一節切」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-8c55.html
北条幻庵の伊豆の屋敷と菩提寺「金龍院」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-df1a.html


Photo
~おお!龍澤寺三世住職 「傑山宗俊」像だ!ドラマでは美坊主なので、チト興味があった(ミーハーcoldsweats01)。実際は、南渓和尚とさほど年が変わらなかったらしい。井伊直政に従い、五世昊天と共に小牧・長久手の戦いにも参戦したそうな。~


本題でござる。

氏真さんへ嫁いだ北条の娘、早川殿の続きをアップしようと思ったのですが、大河ドラマ展を観て参りましたので、そのことを先に。

直虎さん自体には興味がないとはいえ展示はかなり見応えがあったので、途中で入口に戻り音声ガイドを借りてじっくり観ました。ガイドは南渓和尚cat小林薫さんです。


以下、ツボだったもの。
注)ワテのツボなので、戦国通の方達ならもっと凄いツボがあると思います。


▲今川氏親さま木像
写真は様々な本に出ていますが、実物は初めて見ました。謹厳な風格と品の良さ、インテリジェンスな雰囲気。さすが我らが北条早雲こと伊勢宗瑞の甥っ子!素敵~heart

▲寿桂尼 朱印状いくつか
いつ見ても、どれを見ても、カッコエエ~lovely

▲ 今川氏真判物
氏真の花押は何度も見ていますが、これまで氏真に興味がなかったのであまり記憶に残っていませんでした。最近ブログで早川殿を書き始めてからとても興味がわいたので、今回は穴の空くほど、じーーっと見ました。穴が空いちゃってたら、すみもはん…。


Img20170719_133516


▲ 兜
信玄殿が寒川神社に奉納したと伝わる、例の、あの鉄錆地六十二間筋兜です。永禄12年の三増を思い出します。

▲ 琴
勝頼様が富士山本宮浅間神社に奉納したもの。天正5年 Made in 駿府。


▲ 北条の銅鑼
榊原、本多、井伊が小田原城内に入った時、家康にくじ引きで ぶん撮り蔵 を決めちゃれと言われ、榊原がゲットしたもの。その後、榊原と共に越後高田へ。榊原さん、保存しておいてくださりありがとうござる(ただホッタラカシだっただけ?)。


▲ 茶入(唐物・肩衝)
足利義政→宮王(秀吉の謡の師)→おサル→家康→井伊と、渡ったもの。最初は義政殿なのね~heart04


などなど。ちなみに、文禄・慶長期以降の直政はじめ四天王、並びに家康のものは甲冑以外ほとんど見ていません。

そちらのファンの方々にとっては、尚一層興味深いものが展示されていたのだと思われます。


今川氏真が父義元の13回忌を営んだ小田原「久翁寺」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/13-bdf8.html
「東京にある、今川氏真と早川殿の菩提寺」
http://maricopolo.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1bac.html

萩真尼 こと マリコ・ポーロ

cat 画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる | トップページ | シンポジウム~戦国期における大名と「国衆」(2017.7.16) »

5.後北条、企画展・講演会・イベント祭りなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545855/65566161

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国!井伊直虎から直政へ展」 江戸東京博物館:

« 北条氏政・氏照 「墓前祭」~今年も小田原開城に思いを馳せる | トップページ | シンポジウム~戦国期における大名と「国衆」(2017.7.16) »