« 三浦道寸の娘は宅間上杉に嫁いだのか? | トップページ | 落城・開城イベント~八王子城と津久井城(2019) »

2019年6月 5日 (水)

北条氏綱が、三浦道寸ではなく息子義意を祀ったのは何故だろうか?

マリコ・ポーロ


その祟りを恐れ、その霊を鎮めるために、非業の死をとげた者を神として祀ることがあると言われます。

古くは早良親王、淳仁天皇、菅原道真、平将門、崇徳上皇…。新しくは、為さま(北条為昌の本光寺)…は違いますか。もちろん、素晴らしい功績を残した人がお祀りされ、尊崇を集めることも多いです。


 Img_20190602_145232

~居神神社本殿~



小田原には、三浦道寸殿の子息である義意殿を祀る「居神神社」という神社があります。旧東海道に面し、板橋見附、総構早川口に鎮座。本城小田原の西の出入口という重要な場所に位置し、旧板橋村の鎮守でもありました。

 

Img_20190603_111643
グリーン でマークしたところ(小田原市観光ガイドマップより)~


創建は永正年間とのみで今まで不明でしたが、近年、小田原の郷土史家石井啓史氏により、永正17年 であることが明らかになりました。

「(神奈川県タウンニュース)居神神社に「勝って甲」碑 創建は永正17年と判明」https://www.townnews.co.jp/0607/2018/01/13/415108.html
「(伊豆さがみ情報ネット)居神神社に「勝って甲」碑建立/郷土史愛好家・石井啓文さん 創建年など解明」
http://izu-sagami.jp/?p=2397


北条ファンには、太田(三楽斎)、佐竹、真田など敵方の、特に最後まで北条と戦い抜いた武将が大好きで詳しい人が多いです。三浦道寸殿もとても人気がありますよね。

かく申す私も、このところ、「二人の浄心院日海」のことで三浦半島のことをあらためて考えております。先日は、戎光祥ヒストリカルセミナー「北条を倒すのはオレだ!!~海と川をめぐる戦国大名の戦い~」にて、真鍋淳哉氏「海をめぐる北条・関東上杉・三浦・里見の戦い~」の講演を興味深く拝聴してまいりました(もっと熟考把握したらアップするかもしれません。今はチト難ちぃ💦)。


さて、

居神神社は、我ら北条ファンにとっては道寸殿の子息である義意くんの首級の言い伝えで知られています。これは、皆さんもご承知のように後世に作られた物語本の話です。義意くんが大男で剛力の強者であったことも、然り。21才で人生を終えてしまったので、その活躍もよく分かりません。


敵の将をどこか別の場所ではなく城下に祀るというのも不思議ですが、祟りを恐れたり霊を鎮めるためなら、義意くんではなく父親の道寸殿を祀るはずなのに、なぜ義意くんだったのだろうかと、ず~っと思っていました。

若くして戦場に果てたので哀れに思ったのでしょうか。それとも、大将の道寸殿を供養するには憚りがあったのでしょうか。


居神神社の創建や社名の由来について知ったことを書こうとも思ったのですが、にわか知識で書いても、義意くんの首級のように作り話が広まったら申し訳ないので(読んでくださっている方はそんなにいない弱小ブログゆえそんなに広まらないが)、ここはひとつ、興味ある方は文末に添付した石井さんの研究記事をご覧くだされ。


Img_20190602_145259
~北条ファンにはお馴染み。氏綱公置文「勝って甲の緒を締めよ」碑~


義意くんの逸話は境内の説明板にもありましたが、三浦の方々からの要請で昨今撤去されたそうです。そうだよね~。よっく、分かりますよ。私も、氏政さんの「汁かけ飯」の作り話が書かれたものを世界中から撤収したいもの。

代わりと言ってはなんですが、神社に義意くんを祀った北条氏綱公の碑が出来ていました。氏子さん達の寄附にて建ったそうです。立派な字は、宮司さんの奥方様によるものです。


Img_20190602_145209
~本殿はけっこう高台になる~


晴れた~ 午後には 遠く
三浦岬も見えるぅ~

ユーミン 海を見ていた午後で


少し曇った涼しい日だったので写真には上手く写っていないですが、石段を登った本殿から相模の海を眺めると、向こうに三浦半島が見えます。

氏綱公はこの地にあった山角屋敷を移してまでして、ここに義意くんを祀りました。もしかしたら、義意くんが育ち一族と共に果てた地、三浦の地をいつも見えるように…と思ったのかな。

なーんちゃって。

🐎 石井氏のブログ記事です。タイトルをクリックしてくださいませ。

「敵将三浦義意を祀った居神神社と北條氏綱」

「居神明神社と三浦氏関係の新史料」

「検証・居神神社名の由来」

などなど。


萩真尼 こと マリコ・ポーロ

画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« 三浦道寸の娘は宅間上杉に嫁いだのか? | トップページ | 落城・開城イベント~八王子城と津久井城(2019) »

2.北条の小田原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三浦道寸の娘は宅間上杉に嫁いだのか? | トップページ | 落城・開城イベント~八王子城と津久井城(2019) »