« その②~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 | トップページ | その④~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 »

2020年7月17日 (金)

その③~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」

マリコ・ポーロ

大雨の被害がこれ以上でませんように…。地震も多いです。皆様、防災と、ウィルスにはくれぐれもご用心くださいませ。


006
~八王子城に移る前の氏照の城「滝山城」は大蛇がのたうつように張り巡らされた堀が見事な名城である。~


さて、
家康の家臣石川忠総(大久保忠隣の息子)が残した『石川忠総留書』にある 北条氏照を介錯した「伊勢大和守」という人物が、なにを調べても見当たらないと ①・② で書きました。

興味を持ってくださった何人かの方からアドバイスを頂戴しました(ありがとうございます!)。


その中のお一人の北条師匠がおっしゃったことを読み返ししていて、ある一行からビビビッ💥 と妄想が浮かびました。

留書では「…(伊勢大和守は)氏規殿と同じく大和守殿と「殿」が付いている。…氏政・氏輝(照)・氏直はいうに及ばず、太閤まで呼び捨てで…」。←すみません、勝手に引用させていただきました。


② でも書いたように、石川殿が留書を書いたのはもう徳川の世になってからです。

となると、江戸時代のその頃の感覚で、石川殿はこれを書いたのではないだろうか。


・氏規については…
すでに他界しているので、生前のままの「美濃守」。権現様のお友達であり、当時の狭山藩主の祖であることから「殿」を付けて「美濃守殿」とした。


同じように考えると、
・伊勢大和守は…
北条時代の「大和守」ではなく、石川殿が留書を書いた当時の「大和守」かもしれないかもしれない。それは「殿」が付いているため、石川殿より立場が上の人物である。

なーんて。


手持ちに江戸時代の本は無く図書館も行けないので、ネットで見てみましたが、江戸時代の大和守でかつて北条とゆかりがあったような人は見当たりませんでした。

もしくは、やっぱり戦国時代の「伊勢大和守」で、違う名前で記録にたくさん出てきている人物だったりして…。


私の氏照を介錯してくださった方は誰?

もうワテには調べようがにゃい。妄想は山盛り出来るけど。。。


検討違いの ビビビッ💥 かもしれませんが、自分の備忘のため書きました。
単なる妄想なので、信じちゃアカン。


「①北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」」
「②~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」」


マリコ・ポーロ こと 萩真尼

画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« その②~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 | トップページ | その④~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 »

00.八王子城と北条氏照」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その②~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 | トップページ | その④~北条氏照を 介錯 した「伊勢大和守」 »