« 猫は二十歳になるとシッポが二つに分かれる説 | トップページ | 印象的な挿絵の『中世鎌倉盛衰草紙』峰岸純夫著 »

2020年8月 1日 (土)

家康は8月1日以前に江戸へ入っていたのか?

マリコ・ポーロ

医療、保険、介護、保育、ごみの収集、警察、保安、交通機関、公共機関、生活必需品製造販売、宅配関連などなどなどなどの現場にいらっしゃる方々、本当にありがとうございます。


089

今日8月1日(朔日)徳川家康は、それまで北条領だった江戸に入封する


家康は秀吉から一方的に江戸への移封を言い渡された…とされているのだと思っていました。

しかし、今はそうは言われてないようですね。それは二人の合意のもとに決まったことだとされているようです。


そこで以前からの疑問が持ち上がってきました。

家康は秀吉より後に江戸に入ったことになっています。小田原開城からの家康と秀吉の動きを簡単に書いてみます。


(7月)
5日 北条氏直が投降


6日 秀吉&徳川の家臣達が城受け取りに入城(秀吉家臣=脇坂安治、片桐且元、家康家臣=榊原康政、井伊直政、本多忠勝)


10日 氏政・氏照が城を出、入れ替わりに、まず家康が入城


13日 秀吉が入城、家康殿がお出迎え

同日 家康の江戸移封が皆の者に告知される


ですよねえ。
普通は先に下の者が入り、その後上の人をお迎えしますよねえ。しかし…


15日 秀吉が江戸着

24日 秀吉は奥州に向けて出発


29日 家康は小田原を発つ

8月1日 家康の江戸入封


まだ不安定な江戸に上様が先に入るかな?家康は小田原でまだやることがあり、秀吉は奥州攻めを急いでいたということかもしれませんが、そういうことってあるのかな~とずっと思っていました。

まあエエ。北条が出たあとの江戸は、家康殿や秀吉殿で好きにしちくれと思いながらも、気になっていました。


幕末以外の徳川さんには興味がないので、手持ちの本は『江戸はこうして造られた』鈴木理生(ちくま学芸文庫)のみ。自主自粛生活で図書館へも行けないため、ネットで何か論文が読めないかと探ってみました。

見つけました!
チト古いですが、『徳川氏の関東入国に関する一考察』村上直氏(法政大学史学会 1995)です。


Dsc_0244


色々と面白いことが書かれていました。

家康好きの方でしたらすでにご存知のことかと思いますが、家康は、八朔以前に江戸に入国していたのではないか?というのです。そこには、水江漣子氏や中村孝也氏などの研究による上記とは違う秀吉と家康の動向が検討されていました。


🐎 その中のひとつ『徳川家康公伝』

(7月)
15日 家康は秀吉に先立って小田原を発して江戸入り


19日 秀吉が江戸着、家康殿がお出迎え


20日 秀吉は奥州へ、家康殿がお見送り


8月朔日 家康は縁起の良いこの日を選び、正式な形であらためて江戸城へ入城


🐎 また『文政寺社書上』には

秀吉は法恩寺を宿舎としたとあるそうです。

七月廿一日昼御膳御上り被成候、御城在御眼前秀吉公対家康公被し仰候

と、21日に法恩寺にて家康と対面しているとあるそうです。


以前にも書きましたが、法恩寺は、太田道灌が江戸城を築くに際し、江戸城鎮護のために建てたお寺です。早雲寺といい、法恩寺といい、秀吉ったら、もう!

いや勝った方はそういうもの、致し方なし。


この『文政寺社書上』の末尾には、これは誤りだと記されているそうなのですが、村上氏らは、そんなこともないのではなか?と。

他の数点の史料によると、秀吉が江戸を発ったのは 7月24日だと記されているそうです。


村上氏は、
…これによって家康が19日に江戸に着いたという確証はないが、恐らく20日には江戸に到着し、翌21日には法恩寺において秀吉と面談し、24日に奥州へ出発する秀吉を見送り…
と書いています。


家康や秀吉が江戸へ入った日もですが、秀吉が奥州へ発った日も、私の浅い知識とは違っています(そりゃ浅識だからじゃ)。それは、

…この点、のちに家康の関東入国を八月一日とするため、それに合わせるために行動内容がきわめて暖昧になっているともみることができるのである。…


驚いたことに、『家忠日記』には家康の江戸入りの日が書かれていないんですってね。そんな大事なことが書かれていないなんて。いや、家忠殿は、江戸は単なる通過点だと思ったのかもしれへん。

なんだか、納得~。


🐎 オマケ

この論考には、家康が入る前の江戸は寒村だったという解釈はあまり適切ではなく、道灌時代は文化的にも華やかで、以後、江戸城下には江戸湊を中心とした中世都市が広がっていたと思われると、ちゃんと書いてありますよん。

入国した家康の居城に相応したものであったことを知ることができるって。


ということで合っていますかね。
マリコ・ポーロの読み間違え、受け取り間違えがあるかもしれないので、ご興味ある方は村上氏のこの論考をご覧くださいませ。


でも、そもそも家康殿って江戸があまり好きではなかったようですよね。将軍職を秀忠に譲ったあと、サッサと江戸から出てっちゃいます。

それは、そのまま江戸城(家康の隠居所)にいたら秀忠のためにならないと考えてとも言われていますが、そうじゃなくて、家康殿は嫌いだったんですよ、坂東が。


「家康以前の江戸は本当に「寒村」だったのか?2015」
「太田道灌と小田原北条の江戸城 2010」

萩真尼 こと マリコ・ポーロ

画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 猫は二十歳になるとシッポが二つに分かれる説 | トップページ | 印象的な挿絵の『中世鎌倉盛衰草紙』峰岸純夫著 »

6.小田原北条以外の歴史のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫は二十歳になるとシッポが二つに分かれる説 | トップページ | 印象的な挿絵の『中世鎌倉盛衰草紙』峰岸純夫著 »