« 峰岸純夫著『中世鎌倉盛衰草紙』を読みました | トップページ | 八幡様も坂東発祥の神社ではなかった?~⑥大河「太平記」を観ていて »

2020年8月14日 (金)

江戸時代、隕石は本当に八王子に落ちた!「暴れん坊将軍」

マリコ・ポーロ

医療、保険、介護、保育、ごみの収集、警察、保安、交通機関、公共機関、生活必需品製造販売、宅配関連、クリーニング店などなどの現場にいらっしゃる方々、本当にありがとうございます。


Img20131019_212128
~彗星とはなんの関係もないが、明日8月15日は新九郎さん こと 伊勢宗瑞の命日です。~


さて、
ドびっくり~\(◎o◎)/ したこと。

今朝の「暴れん坊将軍」(再放送)のことを小耳にはさみ、また、Twitter(ツイッター)でも盛んに書かれていたので、なんだろう?どれ!と興味が出て観てみました。

「暴れん坊将軍」は皆さんけっこうご覧になってらしたかと思います。マリコ・ポーロ 時代劇は大好きなのですが、「暴れん坊…」をチャント観たのは初めてでした。


今日は、ペルセウス流星群が最も近づいている今にピッタリの内容(か?)。「江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」。あ!と思い出す方はきっと多いのでしょう。「暴れん坊将軍」では名作・怪作・神作と称される回だったそうですね。

上様が江戸に ほうき星=彗星(水星ではない)が接近していることに気付き、その機に乗じて謀反を起こそうとする若年寄とその一味を「しぇーばい(成敗)!」するというストーリーでした。


彗星が地球に迫って来る映像は昔の特撮ドラマやウルトラマンのようで、へえ~、おっかし~😃、それに、彗星って落ちるものか?(落ちるの?)それって隕石じゃないの?そして、松永弾正も真っ青の大爆発にはドびっくり~。

あーだこーだと一人でツッコミを入れたりしながら、ま、これはドラマであると視聴。


ドラマでは、落下地点は八王子の大和田村(今の北野駅あたり)と、上様が西国から呼び寄せた天文学者が分析。上様は め組 や配下の者に命じ付近の村々から民を非難させます。

八王子ですと!大和田村ってどこかしら?観終わってから検索してみたところ…


ドびっくり~ \(◎o◎)/!←しつこい…💦


これは史実なのですね!

八王子市のHPにありました。落ちたのは彗星ではなく隕石ですが、ご存知でした?天文ファンでは有名な話なのですかね。


それは、文化14年12月29日(江戸時代の暦(旧暦)では文化14年11月22日)午後2時頃のこと。

惜しい!上様は家斉殿。


当時の日記や書物などに記載されていて、目撃者もあまた。飛行経路は甲州街道に沿っていたそうです。ドラマのように大和田村一ケ所に ドッカンーン💣 と落ちたのではなく、八王子・多摩・日野の広範囲に渡ってアチコチに落ちたようです。

記録に残っている落下地点は13ヶ所。でも具体的に伝わっている場所は、現在ないそう。


八王子や滝山の城跡も、登城した時に下ばっかり見て戦国時代の遺物を探していますが、もしかしたら隕石を探す目で見ればあったりして!!柚木にも落ちたらしいし。

なーんて。見つけたら八王子市に届けましょ~。


若年寄の掘田殿が天文方に調査を命じたが、結局、「空中より石が落ちるという理由はなく、高い山の硫黄の蒸気で土石が飛び出すもので、西洋書にもこの類のことは時々あるので、今回の落石も、追々出所がわかるでしょう」

ってなことになったそうです。ドラマに近いですな。


以後、隕石落下のことは忘れられていたが、なんと昭和になってから京の土御門家から隕石の破片と書付が発見されたのですって!

国立科学博物館が調査し、国際隕石学会に登録されているそうです。日本の隕石落下の記録では5番目に古く、今、隕石の破片は国立科学博物館が所蔵。非公開だそうですが💧。


あなどれない…暴れん坊将軍。

こちら ↓ に詳しく書かれています。その隕石や文書も絶賛募集中ですよ。
八王子市HP「八王子隕石落下200年」



萩真尼 こと マリコ・ポーロ

画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。にほんブログ村 歴史ブログへ

|

« 峰岸純夫著『中世鎌倉盛衰草紙』を読みました | トップページ | 八幡様も坂東発祥の神社ではなかった?~⑥大河「太平記」を観ていて »

8.時代劇・小説・なんちゃって小説など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 峰岸純夫著『中世鎌倉盛衰草紙』を読みました | トップページ | 八幡様も坂東発祥の神社ではなかった?~⑥大河「太平記」を観ていて »