« 4月発売!『北条氏照』戎光祥出版 | トップページ | My 年表①「享徳~文明」を作ってみた »

2021年3月 3日 (水)

小説 『北条五人囃子 ~ 序章』 なんちゃって…

マリコ・ポーロ


Dsc_0821


『北条五人囃子』


▲ 序章

天文二十年八月十五日、箱根早雲禅寺…

Image9611_20210304101901


あにうぇー、あにうぇー

本堂へ続く御廊下を走ってくるのは、礼装に身を包んだ武家の少年だ。そのうしろから侍女の手を振り払うように必死に兄の後を追うのは、まだ足どりもおぼつかない童である。


「おお、助五郎と新太郎か。新太郎は三田からの道中疲れはせなんだか?」
「ふたとも、大伯父上様と三郎殿への挨拶はして参ったか?」

同じく正装したふたりの少年が本堂に続く控の間から走り出で、矢継ぎ早に声を掛ける。


四人がわらわらと座敷へ入ると、もうひとり一番年長らしい少年が座っていた。
「今日は、ひいおじい様の御法要ぞ。もそっと静かにせねば母上にしかられるぞ。」
と、にこやかに諭した。

母上は怖い。叱られたらたまらないとばかりに少年たちはそそくさと、いつものように決まった席に順番に座る。


雛人形のように並んだ五人の少年は、一番年長から、新九郎(十四歳)、松千代丸(十三歳)、藤菊丸(十二歳)、助五郎(六歳)、新太郎(三歳)の兄弟だ。

小田原北条三代当主氏康の自慢の子息達であるが、新九郎はこの翌年に病で世を去り、3年後には景虎が誕生する。そして他の四人は四十年後、小田原北条五代百年のフィナーレを彩ることになる。

 

少年たちの、小声で、しかし騒がしいおしゃべりは続いていた。しかし、力強い足音と衣擦れの音が御廊下を近づいてくると、そのおしゃべりはぴたりと止んだ。さきほどまでの腕白風はどこへやら、ぴしっと背筋は伸び一気に大人びた顔付きになった。

三代当主氏康とその正室瑞渓院が座敷に入ると、少年たちは息を合わせたように一斉に平伏した。


「顔をあげよ。」
相模の獅子、北条氏康。三十七歳。戦場で鍛えられ少しゃがれてはいるが、張りのある若々しい声だ。

少年たちが同時に顔をあげると、日焼けした顔でにこやかにほほ笑む父の顔があった。
「父上、母上、ご機嫌うるわしゅう。」
小さな新太郎も回らぬ舌で兄たちに合わせ一生懸命唱和する。


「うむ。新九郎も今日は顔色が良く、みな元気そうでなによりじゃ。元気過ぎるとも聞いておるがのう…あはははは」
と笑う氏康に、少年たちも顔を見合わせながらクスクスと笑いあう。

「まあ、御法要のお席なのに殿は大きなお声でお笑いになって…。家臣達に聞こえてしまいますよ。」
瑞渓院は氏康を軽くねめつけ、目を新太郎に向けた。


「新太郎殿も遠いところ大儀であったのう。三山の祖父上や祖母上もご息災かえ?」
「はい!おじいさまも、おばあさまも、義母うえさまに、よろしゅうおつたえ…えっと…」

挨拶の言葉を何度も稽古してきたのに忘れてしまい真っ赤になる様が微笑ましく、氏康には厳しい顔をした瑞渓院もさすがに頬が緩む。


寺僧がやってきて、支度が整い親族や重臣達がみな揃ったことを伝える。

「さて、皆。来年、助五郎は今川殿の元へ参ることとなる。兄弟五人揃って早雲公の法要に参ずるのも、この先しばらくはないであろうて。今日は兄弟喧嘩や悪さはなしじゃぞ。」

父氏康のその言葉に、兄弟たちは急にしんみりとなった。


▲ 二章

Img20131108_171719
~古河公方屋敷、鴻巣御所~


この時、氏康は足利晴氏との和解のため、梁田晴助と調停の真っ最中であった。晴氏は第四代の古河公方である。正室は氏康の妹、芳春院。嫡子に梅千代丸という次の公方義氏が生まれている。

年が暮れる頃、梅千代丸はに母芳春院と共に古河城から下総葛西城に移り、氏康は山内上杉攻撃のための備えを始める。


続く…
いや、続かにゃい!仲の良い兄弟の姿を書きたかっただけであったのだ。

(完)


「一枚岩じゃなかった、北条氏康の子供たち」
「今日(3/21)は、北条氏康の早世した長男の命日です」

「兄上(北条氏政)からのお届けもの」

「城跡の幻影~八王子城」
「小田原北条最後の日~かくて小田原は開城した」


萩真尼 こと マリコ・ポーロ

画像は全てマリコ・ポーロが撮影しました。コメント欄をもうけております。公開させていただいてはおりませぬが、ご感想なりいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 歴史ブログへ

 

|

« 4月発売!『北条氏照』戎光祥出版 | トップページ | My 年表①「享徳~文明」を作ってみた »

03.氏照と八王子城以外の北条」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月発売!『北条氏照』戎光祥出版 | トップページ | My 年表①「享徳~文明」を作ってみた »